ホーム > 書籍詳細:海の都の物語 ヴェネツィア共和国の一千年 4

巨大新興国トルコに、どう対抗したのか。地中海世界の勢力図を塗り替えた大帝国との、息を呑む駆け引き。『ローマ人の物語』に並ぶ代表作。

海の都の物語 ヴェネツィア共和国の一千年 4

塩野七生/著

506円(税込)

本の仕様

発売日:2009/07/01

読み仮名 ウミノミヤコノモノガタリヴェネツィアキョウワコクノイッセンネン04
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-118135-6
C-CODE 0122
整理番号 し-12-35
ジャンル 世界史
定価 506円

1453年、トルコ帝国がコンスタンティノープルを攻め落とし、ビザンチン帝国が滅亡。東地中海の勢力図は一変した。東方での貿易を最大の糧とするヴェネツィアはこの状況にどう対応したのか。強大な軍事力を誇り、さらに西へと勢力を広げようとするトルコ帝国との息を呑む攻防、そしてある官吏の記録をもとに、ヴェネツィアの新興ビジネスである観光事業、聖地巡礼旅行を活写する。

著者プロフィール

塩野七生 シオノ・ナナミ

1937年7月7日、東京生れ。学習院大学文学部哲学科卒業後、イタリアに遊学。1968年に執筆活動を開始し、「ルネサンスの女たち」を「中央公論」誌に発表。初めての書下ろし長編『チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷』により1970年度毎日出版文化賞を受賞。この年からイタリアに住む。1982年、『海の都の物語』によりサントリー学芸賞。1983年、菊池寛賞。1992年より、ローマ帝国興亡の歴史を描く「ローマ人の物語」にとりくむ(2006 年に完結)。1993年、『ローマ人の物語I』により新潮学芸賞。1999年、司馬遼太郎賞。2002年、イタリア政府より国家功労勲章を授与される。2007年、文化功労者に選ばれる。2008ー2009年、『ローマ亡き後の地中海世界』(上・下)を刊行。2011年、「十字軍物語」シリーズ全4冊完結。2013年、『皇帝フリードリッヒ二世の生涯』(上・下)を刊行。2017年、「ギリシア人の物語」シリーズ全3巻を完結させた。

目次

読者に
カバーの絵画について
第八話 宿敵トルコ
トルコ帝国/「本土(テッラ・フェルマ)」/マホメッド二世/コンスタンティノープルへ/ビザンチン滅亡/ヴェネツィアの対策/トルコの西進/スパイたち/ネグロポンテ攻防戦/暗殺の試み/外交の試み
第九話 聖地巡礼パック旅行
まず、ヴェネツィアへ/ヴェネツィア滞在/旅立ち/イェルサレム/聖地巡礼/帰途/帰還
図版出典一覧

関連書籍

判型違い

感想を送る

新刊お知らせメール

塩野七生
登録する
世界史
登録する

書籍の分類

この分類の本

海の都の物語 ヴェネツィア共和国の一千年 4

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※ 書店によっては、在庫の無い場合や取扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • e-hon
  • HonyaClub
  • TSUTAYA ONLINE
  • 紀伊國屋書店
  • エルパカBOOKS - HMV
  • honto