ホーム > 書籍詳細:わが友マキアヴェッリ―フィレンツェ存亡―〔3〕

一人の官僚が去り、政治思想家が生まれた。誰よりも考え、誰よりも祖国を愛した――。『君主論』誕生の真相に迫る!

わが友マキアヴェッリ―フィレンツェ存亡―〔3〕

塩野七生/著

539円(税込)

本の仕様

発売日:2010/05/01

読み仮名 ワガトモマキアヴェッリフィレンツェソンボウ3
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-118140-0
C-CODE 0122
整理番号 し-12-40
ジャンル ノンフィクション、世界史
定価 539円

フィレンツェを追われたマキアヴェッリに残されたのは、友人や元同僚に宛てて手紙を綴り、外交官としての体験から得た考察を書き続けることだけだった。比類なき鋭く深い観察眼で移り行く時代を凝視し、大国の時代に翻弄される祖国の自由を強く求めたマキアヴェッリ。その彼が書き、考え、イタリア・ルネサンスの精神とともに果てるまでを、愛情と敬意を込めて描いた完結編。

著者プロフィール

塩野七生 シオノ・ナナミ

1937年7月7日、東京生れ。学習院大学文学部哲学科卒業後、イタリアに遊学。1968年に執筆活動を開始し、「ルネサンスの女たち」を「中央公論」誌に発表。初めての書下ろし長編『チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷』により1970年度毎日出版文化賞を受賞。この年からイタリアに住む。1982年、『海の都の物語』によりサントリー学芸賞。1983年、菊池寛賞。1992年より、ローマ帝国興亡の歴史を描く「ローマ人の物語」にとりくむ(2006 年に完結)。1993年、『ローマ人の物語I』により新潮学芸賞。1999年、司馬遼太郎賞。2002年、イタリア政府より国家功労勲章を授与される。2007年、文化功労者に選ばれる。2008ー2009年、『ローマ亡き後の地中海世界』(上・下)を刊行。2011年、「十字軍物語」シリーズ全4冊完結。2013年、『皇帝フリードリッヒ二世の生涯』(上・下)を刊行。2017年、「ギリシア人の物語」シリーズ全3巻を完結させた。

目次

第三部 マキアヴェッリは、なにを考えたか
  第十四章 『君主論』誕生(一五一三―一五一五)
  第十五章 若き弟子たち(一五一六―一五二二)
  第十六章 「歴史家、喜劇作家、悲劇作家」(一五一八―一五二五)
  第十七章 「わが友」グイッチャルディーニ(一五二一―一五二五)
  第十八章 「わが魂よりも、わが祖国を愛す」(一五二五―一五二六)
  第十九章 ルネサンスの終焉(一五二七)
図版出典一覧
解説 佐藤優

関連書籍

判型違い

感想を送る

新刊お知らせメール

塩野七生
登録する
世界史
登録する

書籍の分類

この分類の本

わが友マキアヴェッリ―フィレンツェ存亡―〔3〕

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※ 書店によっては、在庫の無い場合や取扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • e-hon
  • HonyaClub
  • TSUTAYA ONLINE
  • 紀伊國屋書店
  • エルパカBOOKS - HMV
  • honto