ホーム > 書籍詳細:脊梁山脈

23歳で終戦。復員した男はいかに戦後を生き直すのか? 絶賛を浴びた著者初の現代長編。

  • 受賞第40回 大佛次郎賞

脊梁山脈

乙川優三郎/著

781円(税込)

本の仕様

発売日:2016/01/01

読み仮名 セキリョウサンミャク
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-119227-7
C-CODE 0193
整理番号 お-61-7
ジャンル 文芸作品、文学賞受賞作家
定価 781円

上海留学中に応召し、日本へ復員する列車の中で、矢田部は偶然出会った小椋に窮地を救われる。帰郷後、その恩人を探す途次、男が木地師であることを知った矢田部は、信州や東北の深山に分け入る。彼らは俗世間から離れ、独自の文化を築いていた。山間を旅するうち、矢田部は二人の女性に心を惹かれ、戦争で失われた生の実感を取り戻していく……。大絶賛を浴びた著者初の現代長編。

著者プロフィール

乙川優三郎 オトカワ・ユウザブロウ

1953(昭和28)年、東京生れ。千葉県立国府台高校卒。1996(平成8)年にオール讀物新人賞、1997年に時代小説大賞、2001年に『五年の梅』で山本周五郎賞、2002年に『生きる』で直木賞、2004年に『武家用心集』で中山義秀文学賞を受賞。2012年に現代小説に転向、2013年に『脊梁山脈』で大佛次郎賞、2016年に『太陽は気を失う』で芸術選奨をそれぞれ受賞。他の著書に、『蔓の端々』『冬の標』『むこうだんばら亭』『露の玉垣』『闇の華たち』『麗しき花実』『ロゴスの市』『トワイライト・シャッフル』『二十五年後の読書』『この地上において私たちを満足させるもの』などがある。

目次

月の夜 つきのよる
塞の神 さえのかみ
蘇芳赤花 すおうあかばな
漂鳥 ひょうちょう
山路の菊 やまじのきく
変身 へんしん
国家と人間、繁栄と文化を問う物語 三浦しをん
解説 川本三郎

感想を送る

新刊お知らせメール

乙川優三郎
登録する
文芸作品
登録する
文学賞受賞作家
登録する

書籍の分類

この分類の本