ホーム > 書籍詳細:カエルの楽園

カエルの楽園

百田尚樹/著

605円(税込)

発売日:2017/09/01

書誌情報

読み仮名 カエルノラクエン
装幀 ギュスターヴ・ドレ ラ・フォンテーヌ寓話より「王さまを求める蛙」/カバー装画、duncan1890/カバー装画、iStock/カバー装画、Getty Images/カバー装画、新潮社装幀室/デザイン
発行形態 文庫、電子書籍
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-120192-4
C-CODE 0193
整理番号 ひ-39-2
ジャンル 文学・評論
定価 605円
電子書籍 価格 572円
電子書籍 配信開始日 2020/04/23

平和のために争わないことを選んだカエルたちの過酷な運命とは。全国民必読の警世の書。

国を追われた二匹のアマガエルは、辛い放浪の末に夢の楽園にたどり着く。その国は「三戒」と呼ばれる戒律と、「謝りソング」という奇妙な歌によって守られていた。だが、南の沼に棲む凶暴なウシガエルの魔の手が迫り、楽園の本当の姿が明らかになる……。単行本刊行後、物語の内容を思わせる出来事が現実に起こり、一部では「予言書」とも言われた現代の寓話にして、国家の意味を問う警世の書。

著者・百田尚樹氏から読者へのメッセージ

海洋堂特製〈ハンドレッド根付ストラップ〉を1000名様にプレゼント!

ハンドレッド根付ストラップ

中国の領海侵犯問題、トランプ大統領誕生、迷走する北朝鮮……単行本刊行後、物語の内容を思わせる出来事が次々に起こり「予言の書」と呼ばれた、百田尚樹著『カエルの楽園』。
刊行から一年半たった現在、日本をめぐる情勢は不穏さを増しています。危機に瀕するこの国を憂えた著者の決断で、このたび本書を異例の速さで「緊急文庫化」することになりました。
さらに、文庫化を記念し、読者の皆さまにプレゼントをご用意いたしました。
作中に登場する、変わり者のカエル、「ハンドレッド」(本書をお読みになった方にはすぐ、彼のモデルが誰かおわかりになると思います)。ひねた表情のなかに、ユーモアを湛えた愛すべきこのキャラクターが、なんとあの海洋堂製作の根付になりました!

海洋堂による、精緻で表情豊かなこの根付ストラップを、『カエルの楽園』をお買い求めいただいた読者の中から、抽選で1000名様にプレゼントいたします!
詳しくは、文庫版『カエルの楽園』のオビをご覧ください。

文庫化に際した加筆や、櫻井よしこさんの文庫解説も読みどころです。誰もが夢中になれる寓話にして、読者の意識を揺さぶる「警世の書」、ぜひこの機にお読みください。

著者プロフィール

百田尚樹

ヒャクタ・ナオキ

1956年、大阪市生れ。同志社大学中退。放送作家として「探偵!ナイトスクープ」等を担当。同番組では2021年1月現在に至るまで30年以上に亘りチーフライターを務める。2006年、『永遠の0』で作家デビュー。累計400万部を超える大ヒットを記録した。小説作品として『海賊とよばれた男』(第10回本屋大賞受賞)『モンスター』『影法師』『フォルトゥナの瞳』『野良犬の値段』等がある他、クラシック音楽(『至高の音楽 クラシック永遠の名曲』)やボクシング(『地上最強の男 世界ヘビー級チャンピオン列伝』)等、エッセイやノンフィクションでも多彩な知識を発揮。『大放言』『バカの国』等、時事的な問題に鋭く切り込む新書も多数刊行する。2019年12月、著作の累計発行部数が2,000万部を突破。毎週のように関西と東京を往復し、各地で講演会を行う等、忙しい日々の合間を縫って執筆に励んでいる。

関連書籍

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

百田尚樹
登録

書籍の分類