ホーム > 書籍詳細:乱鴉の島

乱鴉の島

有栖川有栖/著

825円(税込)

発売日:2010/02/01

書誌情報

読み仮名 ランアノシマ
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-120436-9
C-CODE 0193
整理番号 あ-46-5
ジャンル ミステリー・サスペンス・ハードボイルド
定価 825円

絶海の孤島、火村と有栖を「魔」が襲う。精緻な推理、瞠目の真実、傑作長編ミステリ。

犯罪社会学者の火村英生は、友人の有栖川有栖と旅に出て、手違いで目的地と違う島に送られる。人気もなく、無数の鴉が舞い飛ぶ暗鬱なその島に隠棲する、高名な老詩人。彼の別荘に集まりくる謎めいた人々。島を覆う死の気配。不可思議な連続殺人。孤島という異界に潜む恐るべき「魔」に、火村の精緻なロジックとアクロバティックな推理が迫る。本格ミステリの醍醐味溢れる力作長編。

目次
前口上
第一章 鴉舞う島
第二章 ミダス降臨
第三章 死の翼
第四章 孤絶と失踪
第五章 海辺の儀式
第六章 扉の奥
第七章 ケシテモウナイ
終章 遠い島影
あとがき
文庫版あとがき
解説 村上貴史

著者プロフィール

有栖川有栖

アリスガワ・アリス

1959(昭和34)年、大阪生れ。同志社大学卒。書店勤務を経て、1989(平成元)年『月光ゲーム』でデビュー。作風から「日本のエラリー・クイーン」と呼ばれ、ロジカルな謎解きには定評がある。著書に『双頭の悪魔』『幽霊刑事』『マレー鉄道の謎』『迷宮逍遥』『赤い鳥は館に帰る』『絶叫城殺人事件』『作家小説』『女王国の城』など。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

有栖川有栖
登録
ミステリー・サスペンス・ハードボイルド
登録

書籍の分類