ホーム > 書籍詳細:警官の血〔下〕

警官の血〔下〕

佐々木譲/著

781円(税込)

発売日:2010/01/01

書誌情報

読み仮名 ケイカンノチ2
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-122323-0
C-CODE 0193
整理番号 さ-24-13
ジャンル ミステリー・サスペンス・ハードボイルド、文学賞受賞作家
定価 781円

初代の断ち切られた志、二代を蝕み続けた、苦悩、三代が拓く、新たな道。日本が誇る警察小説。

安城民雄は、駐在として谷中へと還ってきた。心の傷は未だ癒えてはいない。だが清二が愛した町で力を尽くした。ある日、立てこもり事件が発生し、民雄はたったひとりで現場に乗り込んだのだが――。そして、安城和也もまた、祖父、父と同じ道を選んだ。警視庁捜査四課の一員として組織暴力と対峙する彼は、密命を帯びていた。ミステリ史にその名を刻む警察小説、堂々たる完結篇。

目次
第二部 民雄(承前)
第三部 和也
エピローグ
解説 吉野仁

著者プロフィール

佐々木譲

ササキ・ジョウ

1950(昭和25)年、北海道生れ。1979年「鉄騎兵、跳んだ」でオール讀物新人賞を受賞。1990(平成2)年『エトロフ発緊急電』で山本周五郎賞、日本推理作家協会賞、日本冒険小説協会大賞を受賞。2002年『武揚伝』で新田次郎文学賞を受賞。2010年、『廃墟に乞う』で直木賞を受賞する。著書に『ベルリン飛行指令』『ユニット』『天下城』『笑う警官』『駿女』『制服捜査』『警官の血』『暴雪圏』『警官の条件』『地層捜査』『回廊封鎖』『代官山コールドケース』『憂いなき街』『沈黙法廷』などがある。

佐々木譲の備忘録 (外部リンク)

関連書籍

判型違い(単行本)

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

佐々木譲
登録
ミステリー・サスペンス・ハードボイルド
登録
文学賞受賞作家
登録

書籍の分類