ホーム > 書籍詳細:8月の果て〔上〕

8月の果て〔上〕

柳美里/著

935円(税込)

発売日:2007/02/01

書誌情報

読み仮名 ハチガツノハテ1
シリーズ名 新潮文庫
装幀 井筒啓之/カバー装画、新潮社装幀室/デザイン
発行形態 文庫、電子書籍
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-122931-7
C-CODE 0193
整理番号 ゆ-8-11
ジャンル 文芸作品、文学賞受賞作家
定価 935円
電子書籍 価格 935円
電子書籍 配信開始日 2021/11/12

「文学に、少しでも心を寄せる者は、この作品にたいして、目も口も閉ざせないはずです。」――福田和也氏(週刊新潮「闘う時評」)。42.195キロの彼方から私を呼ぶ声。話題の作品がついに文庫化!

日本統治下の朝鮮・密陽に生を受け、マラソンでの五輪出場を目指した亡き祖父・李雨哲。そのうしろ姿を追い、路上を駆けることを決意した柳美里。ふたりの息づかいが時空を越えて重なる瞬間、日本と朝鮮半島のあわいに消えた無数の魂が封印を解かれ、歴史の破れ目から白い頁に甦る。偉丈夫の雨哲と美丈夫の弟・雨根。血族をめぐる、ふたつの真実の物語が、いま日本文学を未踏の高みへ押し上げる。

目次
第一章 失われた顔と無数の足音
第二章 42.195km 4時間54分22秒
第三章 1925年4月7日
第四章 アリラン
第五章 密陽ミリヤン
第六章 初七日
第七章 なぬ
第八章 百日宴ペギルジャンチ
第九章 トルジャビ(初誕生日つかみ)
第十章 1929年11月24日
第十一章 風のなかの敵
第十二章 チョナン
第十三章 モンダル鬼神
第十四章 川の王子
第十五章 立春大吉
第十六章 1933年6月8日
第十七章 ソンギジ ヨン万歳! 朝鮮万歳!
解説 許永中 

著者プロフィール

柳美里

ユウ・ミリ

1968(昭和43)年、神奈川県生れ。高校中退後、「東京キッドブラザース」を経て、1988年、演劇集団「青春五月党」を結成。1993(平成5)年、『魚の祭』で岸田國士戯曲賞、1996年、『フルハウス』で野間文芸新人賞、泉鏡花文学賞、1997年、『家族シネマ』で芥川賞、1999年『ゴールドラッシュ』で木山捷平文学賞、2020(令和2)年、『JR上野駅公園口』で全米図書賞を受賞。著書に『ねこのおうち』、『南相馬メドレー』『飼う人』『JR高田馬場駅戸山口』など多数。

柳美里オフィシャルサイト〈La Valse de Miri〉 (外部リンク)

関連書籍

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

柳美里
登録
文芸作品
登録
文学賞受賞作家
登録

書籍の分類