ホーム > 書籍詳細:花影の花―大石内蔵助の妻―

花影の花―大石内蔵助の妻―

平岩弓枝/著

524円(税込)

発売日:1993/11/30

書誌情報

読み仮名 ハナカゲノハナオオイシクラノスケノツマ
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-124109-8
C-CODE 0193
整理番号 ひ-5-9
ジャンル 文芸作品、歴史・時代小説、文学賞受賞作家
定価 524円

「忠臣蔵」後、秘められたもう一つの人間ドラマがあった。大石未亡人りくの密やかな生涯が蘇って光彩を放つ。吉川英治文学賞受賞作。

  • 受賞
    第25回 吉川英治文学賞

著者プロフィール

平岩弓枝

ヒライワ・ユミエ

1932(昭和7)年、東京生れ。日本女子大学文学部国文学科卒。長谷川伸、戸川幸夫に師事し、1959年「鏨師」で直木賞を受賞。以後、戯曲、舞台演出へと活躍の場を広げ、「肝っ玉かあさん」始め、多くのテレビドラマの脚本でも知られる。1979年NHK放送文化賞、1987年菊田一夫演劇大賞、1991(平成3)年『花影の花』で吉川英治文学賞、 1998年に菊池寛賞を受賞、 2016年に文化勲章を受章した。主な著書に『平安妖異伝』『日本のおんな』「御宿かわせみ」シリーズ、「はやぶさ新八御用帳」シリーズなどがある。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

平岩弓枝
登録
文芸作品
登録
歴史・時代小説
登録
文学賞受賞作家
登録

書籍の分類