ホーム > 書籍詳細:不味い!

不味い!

小泉武夫/著

506円(税込)

発売日:2006/01/01

書誌情報

読み仮名 マズイ
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-125941-3
C-CODE 0195
整理番号 こ-37-1
ジャンル エッセー・随筆
定価 506円

食の冒険家・コイズミ教授の怒りと笑いと学識。チキショー、この味は許せん!

何だこれ! こんなもの喰えるか! ふつふつと沸きあがるあの怒り、あのわびしさ、あの悔しさ。世界の珍味に挑戦してきた食の冒険家コイズミ教授もこの「不味さ」だけには敵わない。ホテルの朝食、病院食、給食、大阪の水……etc。自らの苦闘と悲劇を糧にして、不味さがどこから来るのかを科学的に、ときに感情的に解き明かす。本当の美味しさを知るには、まずは不味さを知るべし!

著者プロフィール

小泉武夫

コイズミ・タケオ

1943年福島県の酒造家に生まれる。東京農業大学名誉教授。農学博士。専門は発酵学、醸造学、食文化論。特定非営利活動法人発酵文化推進機構理事長。2020年4月現在、鹿児島大学、琉球大学、別府大学、石川県立大学、福島大学の客員教授を務めるかたわら、全国地産地消推進協議会会長(農水省)など、各地の農政アドバイザーとして食に関わるさまざまな活動を展開し、和食の魅力を広く伝えている。また辺境を旅し、世界中の珍味、奇食に挑戦する「食の冒険家」でもある。著書に『不味い!』『発酵は錬金術である』『絶倫食』『猟師の肉は腐らない』『幻の料亭・日本橋「百川」―黒船を饗した江戸料理―』『骨まで愛して―粗屋五郎の築地物語―』(以上、新潮社)、『食あれば楽あり』(日本経済新聞社)、『超能力微生物』(文藝春秋)、『漬け物大全 世界の発酵食品探訪記』(講談社)、『小泉武夫の味覚極楽舌ったけ』(東京堂出版)など単著で百四十五冊を数える。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

小泉武夫
登録
エッセー・随筆
登録

書籍の分類