ホーム > 書籍詳細:何があっても大丈夫

自分を信じてさえいれば、どんなことも乗り越えられるから。出生からジャーナリストになるまで――。初めて明かされる劇的半生。

何があっても大丈夫

櫻井よしこ/著

724円(税込)

本の仕様

発売日:2014/07/01

読み仮名 ナニガアッテモダイジョウブ
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-127229-0
C-CODE 0195
整理番号 さ-41-9
ジャンル ノンフィクション
定価 724円

帰らぬ父。ざわめく心。けれど私には強く優しい母がいた。母は前向きであることの大切さを説き、こう言い続けた。「何があっても大丈夫」。誰しも眼前に大きな壁が立ちはだかることがある。大粒の涙をこぼす日もある。しかし、どんな困難に直面しようとも自分を信じ、全てを良い方向に考え、強く願えば、きっと大丈夫だから――。若き日の苦しみや葛藤と真摯に向き合った初の回想録。

著者プロフィール

櫻井よしこ サクライ・ヨシコ

ベトナム生まれ。ハワイ州立大学歴史学部卒業。「クリスチャン・サイエンス・モニター」紙東京支局員、日本テレビ・ニュースキャスター等を経て、フリー・ジャーナリストとして活躍。『エイズ犯罪 血友病患者の悲劇』(中公文庫)で大宅壮一ノンフィクション賞、『日本の危機』(新潮文庫)を軸とする言論活動で菊池寛賞を受賞。2007年に国家基本問題研究所(国基研)を設立し理事長に就任。2010年、日本再生に向けた精力的な言論活動が高く評価され、正論大賞を受賞した。著書に『何があっても大丈夫』『日本の覚悟』『日本の試練』『日本の決断』『日本の敵』『日本の未来』『一刀両断』(新潮社)『論戦』シリーズ(ダイヤモンド社)『チベット 自由への闘い』(PHP新書)『朝日リスク』(共著・産経新聞出版)などがある。

櫻井よしこWEBサイト (外部リンク)

国家基本問題研究所公式サイト (外部リンク)

目次

第一章 しっかり物を見なさい――母がくれた宝物
母の秘密
国破れて山河あり
モーボサンセン
真人町万年下屋敷
兄の旅立ち
幸せは目の前に
よしこ、不良になる
魚の目の女性
白いワンピースと白い帽子
第二章 私たちは二番目なんだ――父からの自立
ミセス・ロングドレス
豹変
小さなスーツケース
財布のなかに、五ドル
ダンスパーティーの季節
私のなかの日本人
打ち上げ花火
第三章 一体、何になりたいのか――ジャーナリストへの道
私には、出来ると思う
彼らの流儀
官邸の攻防
岐路
女性は男性の二倍働き、優雅であれ
キャスターから、また一歩
後記
文庫版後記

感想を送る

新刊お知らせメール

櫻井よしこ
登録する

書籍の分類

この分類の本

何があっても大丈夫

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※ 書店によっては、在庫の無い場合や取扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • e-hon
  • HonyaClub
  • TSUTAYA ONLINE
  • 紀伊國屋書店
  • エルパカBOOKS - HMV
  • honto