ホーム > 書籍詳細:男どき女どき

人は毎日小さな感銘に助けられて生きている。最後の小説とエッセイを所収、人生の〈大切な瞬間〉を綴った作品集。

男どき女どき

向田邦子/著

497円(税込)

本の仕様

発売日:1985/05/28

読み仮名 オドキメドキ
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫、電子書籍
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-129404-9
C-CODE 0193
整理番号 む-3-4
ジャンル 文学賞受賞作家
定価 497円
電子書籍 価格 432円
電子書籍 配信開始日 2013/02/01

何事も成功する時を男時、めぐり合わせの悪い時を女時という――。何者かによって台所にバケツごと置かれた一匹の鮒が、やがて男と女の過去を浮かび上がらせる「鮒」、毎日通勤の途中にチラリと目が合う、果物屋の陰気な親父との奇妙な交流を描く「ビリケン」など、平凡な人生の中にある一瞬の生の光芒を描き出した著者最後の小説四篇に、珠玉のエッセイを加えた、ラスト・メッセージ集。

著者プロフィール

向田邦子 ムコウダ・クニコ

(1929-1981)1929(昭和4)年、東京生れ。実践女子専門学校(現実践女子大学)卒。人気TV番組「寺内貫太郎一家」「阿修羅のごとく」など数多くの脚本を執筆する。1980年『思い出トランプ』に収録の「花の名前」他2作で直木賞受賞。著書に『父の詫び状』『男どき女どき』など。1981年8月22日、台湾旅行中、飛行機事故で死去。

目次

 鮒
 ビリケン
 三角波
 嘘つき卵
II
 再会
 鉛筆
III
 若々しい女について
 独りを慎しむ
 ゆでたまご
 草津の犬
 花束
 わたしと職業
IV
 反芻旅行
 故郷もどき
 日本の女
 アンデルセン
 サーカス
 笑いと嗤い
 伯爵のお気に入り
 花底蛇
 壊れたと壊したは違う
 無口な手紙
 甘くはない友情・愛情
 黄色い服
 美醜
解説・挿画 風間 完

コラム 映画になった新潮文庫

原幹恵


「今年の目標は趣味を持つこと」と言ったら、友人に「そんなことを言っている時点で趣味が持てない」と笑われました。確かに趣味って探すものでもないみたいです。趣味がないので、取材などで訊かれると困って、苦し紛れに「半身浴です」と答えますが、まあ面白味はないですよね……。
 年明け、半身浴をしながら読んだのが向田邦子さんの『どきどき』。お風呂からあがって、脚本の方の代表作のひとつ「阿修羅のごとく」を観ました(映画ではなく、オリジナルのテレビドラマ版で)。どちらも男性への視線が冷静で厳しい。夫たちはだらしなく浮気するし、男同士で庇い合います。ドラマでは緒形拳さん(浮気している)が義父の佐分利信さん(浮気している)にあくまで同情的で、大げさに言うと私は腹が立ってきました。
『男どき女どき』の冒頭の「鮒」は、ある日曜日、何者かが塩村の家に鮒を入れたバケツを置いていくところから始まります。十一歳になる息子・守の主張で飼うことになりますが、塩村はこの鮒は捨てた愛人が飼っていたものだと気づいています(背びれの特徴でわかる)。鮒は愛人の部屋に来ていた塩村のあれこれを見ていたはずで、塩村は妻がいるのに気づかず、「鮒吉(愛人がつけた名前)、お前、いい度胸してるなあ」と呟いて、「名前、鮒吉にしたんですか」と言われ肝を冷やします。
 翌週の日曜日、塩村は守を連れて愛人のアパートまで散歩に出ます。が、どうやら引越した様子。愛人と通った喫茶店へ寄ると、マスターが挨拶しようとしますが、塩村が子連れなのを見て、手を下ろします。店を出る時、「『元気なのかなあ』/金を払いながら、塩村がたずねた。/あの人は、という主語が抜けているが、その辺は主人にも通じたらしい。/『まあ元気にやってるんじゃないかね』」。そして父子が家に帰ると、鮒吉は水槽に浮かんでいました。守は「ママ、洗剤かなんか入れたんじゃないの」と訊いて――という短篇小説。
 ここでもやはり息子は(ひょっとすると母も)父の浮気に気づいていながら、男同士で庇っているようにも読めます。同時に、男の未練たらしさも浮かび上ってきます。
 と、この先は別の話。この本は向田さんが飛行機事故で亡くなられた直後に作られたもので、小説の他に何本かのエッセイも入っていますが、私が「ああー」と思ったのは「独りを慎しむ」という一文。向田さんは独り暮しを始めて、料理をフライパンからそのまま食べたり、坐る形も行儀悪くなったり、下着姿で部屋を歩き回ったり、「あきらかに居汚なくなっていました」。
 私もずっと独り暮しで、フライパンの経験こそありませんが、鍋からラーメンを食べたことはあるし、お化粧の落し方もいい加減になりました。向田さんは「若々しいひとについて」という文章で二人の女優さんを挙げていますが、私もそれに倣うと、稲森いずみさんとご一緒した時、きれいで瑞々しい肌に驚嘆したことがあります。こっそり観察していると、すごく丁寧にお化粧落しをなさってて、「これがいい女の磨き方か!」と見惚れ、かつ大反省したことがあります。今年の目標は、丁寧に暮らす、に変えようかな。


(はら・みきえ 女優)
波 2017年2月号より

感想を送る

新刊お知らせメール

向田邦子
登録する
文学賞受賞作家
登録する

書籍の分類

この分類の本

男どき女どき

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※ 書店によっては、在庫の無い場合や取扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • e-hon
  • HonyaClub
  • TSUTAYA ONLINE
  • 紀伊國屋書店
  • エルパカBOOKS - HMV
  • honto

男どき女どき

以下のネット書店よりご購入ください。

※ 詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

電子書店

Shincho Live!