ホーム > 書籍詳細:消えた警官

消えた警官

安東能明/著

880円(税込)

発売日:2020/02/01

書誌情報

読み仮名 キエタケイカン
装幀 岡本三紀夫/カバー装画、新潮社装幀室/デザイン
発行形態 文庫、電子書籍
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-130157-0
C-CODE 0193
整理番号 あ-55-7
ジャンル 文学・評論
定価 880円
電子書籍 価格 880円
電子書籍 配信開始日 2020/06/05

巡査部長失踪事件。柴崎警部ら三人はその闇に一歩ずつ迫ってゆく――。本格警察小説。

小幡弘海巡査部長は、二年前に忽然と姿を消した。生活安全課に異動した矢先のことだ。綾瀬署に所属する、柴崎令司警務課長代理、上河内博人警部、高野朋美巡査の三人は、小幡についての捜査を始める。ひき逃げ。老女の不審死。女子高生絞殺。足と頭脳で難事件を解決しながら、三人は底知れぬ謎へと迫ってゆく。警視庁が放棄した失踪事件に果てはあるのか。あなたの胸を貫く本格警察小説。

目次
護符の年輪
火刑
目撃者
紐の誘惑
消えた警官

著者プロフィール

安東能明

アンドウ・ヨシアキ

1956(昭和31)年静岡県生れ。明治大学政経学部卒。浜松市役所勤務の傍ら、1994(平成6)年『死が舞い降りた』で日本推理サスペンス大賞優秀賞を受賞し創作活動に入る。2000年『鬼子母神』でホラーサスペンス大賞特別賞を受賞する。2010年『撃てない警官』所収の「随監」で日本推理作家協会賞(短編部門)受賞。『強奪 箱根駅伝』『螺旋宮』『潜行捜査』『聖域捜査』『第II捜査官』『出署せず』『侵食捜査』『広域指定』『総力捜査』『女形警部 築地署捜査技能伝承官・村山仙之助』『頂上捜査』『夜の署長2 密売者』「CAドラゴン」シリーズなど、緻密な取材に裏付けられたサスペンス、警察小説で注目を集めている。

関連書籍

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

安東能明
登録

書籍の分類