ホーム > 書籍詳細:寒灯・腐泥の果実

受け入れてもらいたいが故の暴言、いとおしさ故の暴力。同棲生活を日々破壊してゆく北町貫多を描いた私小説集。

寒灯・腐泥の果実

西村賢太/著

432円(税込)

本の仕様

発売日:2013/12/01

読み仮名 カントウフデイノカジツ
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-131286-6
C-CODE 0193
整理番号 に-23-6
ジャンル 文芸作品、文学賞受賞作家
定価 432円

初めて恋人との正月を迎える貫多。だが些細な行き違いから険悪な雰囲気になり、大晦日の夜ついに爆発する。二人の新生活に垂れ込める暗雲の行方は──『寒灯』。いくら邪険に扱っていようと、秋恵への気持ちは微塵も変わっていなかった。しかし暴言や暴力は続き、ついに彼女は去ってゆく。そのあとに残されたものは──『腐泥の果実』。他二篇を収録する私小説集、待望の文庫化。

著者プロフィール

西村賢太 ニシムラ・ケンタ

1967(昭和42)年、東京都生れ。中卒。2007(平成19)年『暗渠の宿』で野間文芸新人賞、2011年「苦役列車」で芥川賞を受賞。刊行準備中の『藤澤清造全集』(全五巻別巻二)を個人編輯。文庫版『根津権現裏』『藤澤清造短篇集』を監修。著書に『どうで死ぬ身の一踊り』『二度はゆけぬ町の地図』『小銭をかぞえる』『廃疾かかえて』『随筆集 一私小説書きの弁』『人もいない春』『西村賢太対話集』『随筆集 一日』『一私小説書きの日乗』『棺に跨がる』『形影相弔・歪んだ忌日』『けがれなき酒のへど 西村賢太自選短篇集』『やまいだれの歌』『痴者の食卓』ほか。

目次

陰雲晴れぬ
肩先に花の香りを残す人
寒灯
腐泥の果実
解説 中江有里

判型違い(書籍)

感想を送る

新刊お知らせメール

西村賢太
登録する
文芸作品
登録する
文学賞受賞作家
登録する

書籍の分類

この分類の本