ホーム > 書籍詳細:43回の殺意―川崎中1男子生徒殺害事件の深層―

43回の殺意―川崎中1男子生徒殺害事件の深層―

石井光太/著

737円(税込)

発売日:2021/01/01

書誌情報

読み仮名 ヨンジュウサンカイノサツイカワサキチュウイチダンシセイトサツガイジケンノシンソウ
装幀 時事通信社/カバー写真提供、新潮社装幀室/デザイン
発行形態 文庫、電子書籍
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-132539-2
C-CODE 0195
整理番号 い-99-9
ジャンル 社会学、事件・犯罪
定価 737円
電子書籍 価格 737円
電子書籍 配信開始日 2020/12/23

宮部みゆき氏驚愕! 家に居場所を失い、夜の町を流浪する少年たちはなぜ人を殺したのか。

2015年2月20日未明、凍てつく風が吹きつける多摩川の河川敷で、上村遼太君は全裸で息も絶え絶えに草地を這っていた。カッターで全身を43カ所も刺されて――。後に殺人などの容疑で逮捕された3人の未成年者が法廷で明かした理不尽な殺意。彼らに反省の色はない。そして互いに責任を擦り付け、攻撃し合う被害者の両親……。無辜の少年はなぜ命を奪われたのか。緻密な取材を基に深層を炙り出す。

目次
プロローグ
第一章 惨殺
邂逅/亀裂/吉岡兄弟/呼び出し/殺害
第二章 家族
家族の誕生/西ノ島/離島/川崎/中学時代
第三章 逮捕
遺体発見/さまよう/献花/捜査/通夜
第四章 犯人
裁判/虎男の生い立ち/剛の生い立ち/暴走/判決/全面否認/携帯電話のせい
第五章 遺族
インタビュー/家族のひずみ/家庭裁判所と加害者家族/加害者の責任/判決への疑問/復讐/思い出
エピローグ
あとがき

著者プロフィール

石井光太

イシイ・コウタ

1977(昭和52)年、東京生れ。国内外の文化、歴史、医療などをテーマに取材、執筆活動を行っている。ノンフィクション作品に『物乞う仏陀』『神の棄てた裸体』『絶対貧困』『遺体』『浮浪児1945-』『「鬼畜」の家』『43回の殺意』『本当の貧困の話をしよう』『こどもホスピスの奇跡』など多数。また、小説や児童書も手掛けている。

石井光太 公式ホームページ (外部リンク)

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

石井光太
登録
社会学
登録
事件・犯罪
登録

書籍の分類