ホーム > 書籍詳細:港町食堂

港町食堂

奥田英朗/著

572円(税込)

発売日:2008/05/01

書誌情報

読み仮名 ミナトマチショクドウ
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-134471-3
C-CODE 0195
整理番号 お-72-1
ジャンル エッセー・随筆、文学賞受賞作家、歴史・地理・旅行記
定価 572円

嗚呼、奥田英朗よ、どこへ行く。土佐清水、五島列島、礼文島。そこで作家を待ち受けるのは、海の幸、ムカデ、美人ママ。ゆらり揺られて、寄港エッセイ!

旅はいい。感じる風がいつもとちがう。ただし、わたしは無精者である。誰かに背中を押してもらわないと出かけられないのだ――。旅雑誌の企画に乗り、さまざまな港町を船で訪れることになった作家・奥田英朗。その行く手には、美女と肴と小事件が待ち受けていた! 土佐清水、五島列島、牡鹿半島、佐渡島、ちょいと足を伸ばして釜山。笑い、毒舌、最後はしみじみの、寄港エッセイ。

目次
第一便 美人ママに叱られたい 高知・土佐清水篇
第二便 謎の生物VS.美人女医 五島列島篇
第三便 名もない小説家、ひとりたたずむ 宮城・牡鹿半島篇
第四便 N木賞などおかまいなし 韓国・釜山篇
第五便 食い意地のせいなのか? 日本海篇
第六便 極寒の孤島に閉じ込められて…… 稚内・礼文島篇

著者プロフィール

奥田英朗

オクダ・ヒデオ

1959(昭和34)年、岐阜県生れ。プランナー、コピーライター、構成作家などを経験したのちに、1997(平成9)年『ウランバーナの森』で作家としてデビュー。2002年『邪魔』で大藪春彦賞を、2004年『空中ブランコ』で直木賞を受賞する。2007年『家日和』で柴田錬三郎賞を、2009年『オリンピックの身代金』で吉川英治文学賞を受賞した。『最悪』『マドンナ』『イン・ザ・プール』『東京物語』『サウスバウンド』『ララピポ』『沈黙の町で』『ナオミとカナコ』『向田理髪店』など著書多数。『延長戦に入りました』『野球の国』『泳いで帰れ』『港町食堂』などのエッセイでも人気を博す。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

奥田英朗
登録
エッセー・随筆
登録
文学賞受賞作家
登録
歴史・地理・旅行記
登録

書籍の分類