ホーム > 書籍詳細:流転の海 読本

流転の海 読本

堀井憲一郎/著

605円(税込)

発売日:2021/04/01

書誌情報

読み仮名 ルテンノウミドクホン
装幀 榎俊幸/カバー装画、新潮社装幀室/デザイン
発行形態 文庫、電子書籍
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-134677-9
C-CODE 0195
整理番号 み-12-49
ジャンル 文学・評論
定価 605円
電子書籍 価格 605円
電子書籍 配信開始日 2021/03/27

宮本輝の大作「流転の海」文庫版完結記念。系図、地図、人物紹介、相関図等、完全ガイド。

宮本輝畢生の大作「流転の海」は実に37年の歳月をかけて全九巻で完結した。松坂熊吾、房江、伸仁、三人の戦後20年間を描いたこの大河小説には、1500人を超える人物が登場する。この物語に調査の達人・堀井憲一郎が果敢に挑んだ。熊吾・房江両家の系図、それぞれの前史、舞台の地図、各巻あらすじ、主要人物388人の紹介、人物相関図、年齢早見表等……。未曾有の文学的感動のお供に必携の一冊。

目次
本書の使い方
家系図
「流転の海」の舞台
松坂熊吾の前半生
房江の前半生
伸仁の二十年
第一部 流転の海(あらすじ/人物相関図/主要登場人物紹介)
第二部 地の星(あらすじ/人物相関図/主要登場人物紹介)
第三部 血脈の火(あらすじ/人物相関図/主要登場人物紹介)
第四部 天の夜曲(あらすじ/人物相関図/主要登場人物紹介)
第五部 花の回廊(あらすじ/人物相関図/主要登場人物紹介)
第六部 慈雨の音(あらすじ/人物相関図/主要登場人物紹介)
第七部 満月の道(あらすじ/人物相関図/主要登場人物紹介)
第八部 長流の畔(あらすじ/人物相関図/主要登場人物紹介)
第九部 野の春(あらすじ/人物相関図/主要登場人物紹介)
何度も登場しないが、印象に残る人たち
主要登場人物年齢早見表
逆引き 昭和各年は文庫のそれぞれ何巻か
さいごに
主要登場人物さくいん

関連コンテンツ

著者プロフィール

堀井憲一郎

ホリイ・ケンイチロウ

1958(昭和33)年、京都市出身。早大卒。高校では落語研究会、大学では漫画研究会に所属。調査して書くというスタイルで大ブレーク。テレビ・ラジオにも活躍の場を広げる。『スキーの便利帖』『ホリイの調査』『馬鹿が止まらない』『『巨人の星』に必要なことはすべて人生から学んだ。あ。逆だ。』『若者殺しの時代』『東京ディズニーリゾート便利帖 第3版』『いつだって大変な時代』『いますぐ書け、の文章法』『ねじれの国、日本』『落語論』『1971年の悪霊』『流転の海 読本』など著書多数。

関連書籍

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

堀井憲一郎
登録

書籍の分類