ホーム > 書籍詳細:あつあつを召し上がれ

誰にだって忘れられない味がある。身も心も温まる、食卓をめぐる7つの物語。

あつあつを召し上がれ

小川糸/著

432円(税込)

本の仕様

発売日:2014/05/01

読み仮名 アツアツヲメシアガレ
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-138341-5
C-CODE 0193
整理番号 お-86-1
ジャンル 文芸作品
定価 432円

この味を忘れることは、決してないだろう――。10年以上つきあった恋人との、能登へのお別れ旅行で味わった最高の朝食。幼い頃に、今は亡き母から伝授された、おいしいおみそ汁のつくり方。何年か前に家族みんなで並んでやっとありついた、天然氷でつくった富士山みたいなかき氷……。ときにはほろ苦く、ときには甘く優しく、身も心も温めてくれる、食卓をめぐる7つの感動の物語。

どういう本?

タイトロジー
(タイトルを読む)
 乾杯、と山下は声に出してそう言ったが、私には何に対しての乾杯なのかさっぱりわからない。お別れの? 私の三十代最後の夜の? 明日でもうこの人と会えなくなるということが、いまいち実感としてわいてこなかった。十年以上一緒にいて、ほとんど空気のような存在になっている。恋愛感情というのとは少し違うけれど、薄くて甘い砂糖水のようなもの。それを、私の中から完全に払拭することは、まだできていない。
「あついうちに召し上がってください」
 いきなり目の前に登場したのは、松茸のフライだ。口に含むと、サクッという音と共に、松茸特有のふくよかな香りが広がる。もしかしたら、別れを目前にして、松茸なんか食べても、味も香りもわからないんじゃないかと不安だった。でも松茸は、ちゃんと松茸の味がした。(本書54〜55ページ)
一行に出会う うまい物を食うと、本当に子供みたいな顔になるね。(本書38ぺージ)

著者プロフィール

小川糸 オガワ・イト

1973(昭和48)年生れ。著書に小説『食堂かたつむり』『喋々喃々』『ファミリーツリー』『つるかめ助産院』『リボン』『にじいろガーデン』『サーカスの夜に』『ツバキ文具店』、絵本『まどれーぬちゃんとまほうのおかし』、エッセイ『ようこそ、ちきゅう食堂へ』『こんな夜は』『たそがれビール』『犬とペンギンと私』などがある。『食堂かたつむり』は、2011(平成23)年にイタリアのバンカレッラ賞を、2013年にはフランスのウジェニー・ブラジエ小説賞を受賞した。

糸通信 (外部リンク)

目次

バーバのかき氷
親父のぶたばら飯
さよなら松茸
こーちゃんのおみそ汁
いとしのハートコロリット
ポルクの晩餐
季節はずれのきりたんぽ
解説 松田哲夫

判型違い(書籍)

感想を送る

新刊お知らせメール

小川糸
登録する
文芸作品
登録する

書籍の分類

この分類の本

あつあつを召し上がれ

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※ 書店によっては、在庫の無い場合や取扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • e-hon
  • HonyaClub
  • TSUTAYA ONLINE
  • 紀伊國屋書店
  • エルパカBOOKS - HMV
  • honto