ホーム > 書籍詳細:月凍てる―人情江戸彩時記―

文芸評論家、縄田一男氏激賞! 「人情物の名篇がここに誕生した」。人情時代小説、感涙必至の四編。

月凍てる―人情江戸彩時記―

藤原緋沙子/著

649円(税込)

本の仕様

発売日:2012/10/01

読み仮名 ツキイテルニンジョウエドサイジキ
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫、電子書籍
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-139161-8
C-CODE 0193
整理番号 ふ-46-1
ジャンル 歴史・時代小説
定価 649円
電子書籍 価格 649円
電子書籍 配信開始日 2016/10/28

幼馴染みのおまつとの約束をたがえ、奉公先の婿となり主人に収まった吉兵衛は、義母の苛烈な皮肉を浴びる日々だったが、おまつが聖坂下で女郎に身を落としていると知り……(「夜明けの雨」)。兄を殺した仇を九段坂で張り込む又四郎に国許より兄嫁自害の知らせがもたらされた(「月凍てる」)。江戸の坂を舞台に人びとの哀歓を掬い取った人情時代小説の傑作四編。『坂ものがたり』改題。

著者プロフィール

藤原緋沙子 フジワラ・ヒサコ

高知県生れ。立命館大学文学部卒。人情時代小説の名手として、リアリティあふれる物語空間の創出、意外性に満ちたストーリー、魅力的な人物造形などが高く評価される。代表的なシリーズに、『藍染袴お匙帖』、『隅田川御用帳』、『橋廻り同心・平七郎控』、『見届け人秋月伊織事件帖』、『浄瑠璃長屋春秋記』、『渡り用人片桐弦一郎控』、『人情江戸彩時記』等がある。

目次

夜明けの雨 聖坂・春
ひょろ太鳴く 鳶坂・夏
秋つばめ 逢坂・秋
月凍てる 九段坂・冬
解説 縄田一男

関連書籍

感想を送る

新刊お知らせメール

藤原緋沙子
登録する
歴史・時代小説
登録する

書籍の分類

この分類の本

月凍てる―人情江戸彩時記―

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※ 書店によっては、在庫の無い場合や取扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • e-hon
  • HonyaClub
  • TSUTAYA ONLINE
  • 紀伊國屋書店
  • エルパカBOOKS - HMV
  • honto

月凍てる―人情江戸彩時記―

以下のネット書店よりご購入ください。

※ 詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

電子書店

Shincho Live!