ホーム > 書籍詳細:雪の果て―人情江戸彩時記―

雪の果て―人情江戸彩時記―

藤原緋沙子/著

605円(税込)

発売日:2016/05/01

書誌情報

読み仮名 ユキノハテニンジョウエドサイジキ
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫、電子書籍
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-139163-2
C-CODE 0193
整理番号 ふ-46-3
ジャンル 歴史・時代小説
定価 605円
電子書籍 価格 605円
電子書籍 配信開始日 2016/10/28

困難な愛に生きる男と女。江戸の名所を舞台に展開する、感涙の傑作人情時代小説四編。

貞次郎の想い人、弥生は心ならずも目付神崎に嫁いだ。貞次郎は奸計に遭って、神崎の腕を斬り脱藩。江戸での潜伏の日々、神崎の参府と弥生の出奔を知り……(「雪の果て」)。餅菓子を売りながら女手ひとつで幼子を育てるおみさの前に、父親になるはずの男が五年ぶりに現れたのだが、幕吏に追われる身となっていた(「梅香餅」)。女たちのはかなくも強靱な愛の姿を炙り出す傑作人情譚四編。

著者プロフィール

藤原緋沙子

フジワラ・ヒサコ

高知県生れ。立命館大学文学部卒。人情時代小説の名手として、リアリティあふれる物語空間の創出、意外性に満ちたストーリー、魅力的な人物造形などが高く評価される。代表的なシリーズに、『藍染袴お匙帖』、『隅田川御用帳』、『橋廻り同心・平七郎控』、『見届け人秋月伊織事件帖』、『浄瑠璃長屋春秋記』、『渡り用人片桐弦一郎控』、『人情江戸彩時記』等がある。

関連書籍

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

藤原緋沙子
登録
歴史・時代小説
登録

書籍の分類