ホーム > 書籍詳細:桶川ストーカー殺人事件――遺言

桶川ストーカー殺人事件――遺言

清水潔/著

781円(税込)

発売日:2004/06/01

書誌情報

読み仮名 オケガワストーカーサツジンジケンユイゴン
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫、電子書籍
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-149221-6
C-CODE 0195
整理番号 し-53-1
ジャンル 文学・評論、社会学、事件・犯罪
定価 781円
電子書籍 価格 649円
電子書籍 配信開始日 2008/05/01

ストーカー殺人はなぜ後を絶たないのか……? 今なお残る警察の問題点と劇的な事件の真相とは。

ひとりの週刊誌記者が、殺人犯を捜し当て、警察の腐敗を暴いた……。埼玉県の桶川駅前で白昼起こった女子大生猪野詩織さん殺害事件。彼女の悲痛な「遺言」は、迷宮入りが囁かれる中、警察とマスコミにより歪められるかに見えた。だがその遺言を信じ、執念の取材を続けた記者が辿り着いた意外な事件の深層、警察の闇とは。「記者の教科書」と絶賛された、事件ノンフィクションの金字塔!

目次
まえがき
第一章 発生
第二章 遺言
第三章 特定
第四章 捜索
第五章 逮捕
第六章 成果
第七章 摩擦
第八章 終着
第九章 波紋
あとがき
補章 遺品
文庫版あとがき
文庫化に寄せて 猪野憲一

著者プロフィール

清水潔

シミズ・キヨシ

1958(昭和33)年、東京都生れ。ジャーナリスト。新潮社「FOCUS」編集部を経て、日本テレビ報道局記者・解説委員。2014(平成26)年、『殺人犯はそこにいる――隠蔽された北関東連続幼女誘拐殺人事件』で新潮ドキュメント賞、日本推理作家協会賞(評論その他の部門)を受賞。同書は2016年に「文庫X」としても話題になる。著書に『桶川ストーカー殺人事件――遺言』(新潮文庫)、『騙されてたまるか――調査報道の裏側』(新潮新書)、『「南京事件」を調査せよ』(文藝春秋)がある。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

清水潔
登録
社会学
登録
事件・犯罪
登録

書籍の分類