ホーム > 書籍詳細:センス・オブ・ワンダー

センス・オブ・ワンダー

レイチェル・カーソン/著 、上遠恵子/訳

649円(税込)

発売日:2021/09/01

書誌情報

読み仮名 センスオブワンダー
装幀 川内倫子/カバー写真、新潮社装幀室/デザイン
発行形態 文庫、電子書籍
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-207402-2
C-CODE 0198
整理番号 カ-4-2
ジャンル 文学・評論
定価 649円
電子書籍 価格 649円
電子書籍 配信開始日 2021/08/30

美しいもの、未知のことに感応できる、みずみずしい感性を育みたい人に贈る名著。

雨のそぼ降る森、嵐の去ったあとの海辺、晴れた夜の岬。そこは鳥や虫や植物が歓喜の声をあげ、生命なきものさえ生を祝福し、子どもたちへの大切な贈り物を用意して待っている場所……。未知なる神秘に目をみはる感性を取り戻し、発見の喜びに浸ろう。環境保護に先鞭をつけた女性生物学者が遺した世界的ベストセラー。川内倫子の美しい写真と新たに寄稿された豪華な解説エッセイとともに贈る。

目次
センス・オブ・ワンダー
訳者あとがき
私のセンス・オブ・ワンダー
福岡伸一 きみに教えてくれたこと
若松英輔 詩人科学者の遺言
大隅典子 私たちの脳はアナログな刺激を求めている
角野栄子 見えない世界からの贈りもの

著者プロフィール

レイチェル・カーソン

Carson,Rachel Louise

(1907-1964)ペンシルベニア州スプリングデールの農場主の娘として生れる。ペンシルベニア女子大学で動物学を専攻後、ウッズホール海洋生物研究所などで研究を続ける。1936年漁業水産局に就職し、政府刊行物の編集に従事。1940年に魚類・野生生物局に移り、1952年に退職するまで、野生生物とその保護に関する情報収集にあたった。1951年の『われらをめぐる海』で、生物ジャーナリストとしての地位を確立。1962年に発表された『沈黙の春』は、自然破壊に警告を発した先駆書として、その後の全世界に大きな影響を与えた。

上遠恵子

カミトオ・ケイコ

1929年生れ。エッセイスト、レイチェル・カーソン日本協会理事長。東京薬科大学卒。1974年、ポール・ブルックス『生命の棲家』(後に『レイチェル・カーソン』と改題)を訳出。以来カーソン研究をライフワークにする。訳書にカーソン『センス・オブ・ワンダー』『海辺』『潮風の下で』などがある。

判型違い(単行本)

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

レイチェル・カーソン
登録
上遠恵子
登録

書籍の分類