ホーム > 書籍詳細:半島の密使〔上〕

半島の密使〔上〕

アダム・ジョンソン/著 、佐藤耕士/訳 、蓮池薫/監・訳

869円(税込)

発売日:2013/06/01

書誌情報

読み仮名 ハントウノミッシ1
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-218181-2
C-CODE 0197
整理番号 シ-41-1
ジャンル 文芸作品、評論・文学研究
定価 869円

本年度フィクション部門のピュリッツァー賞受賞作! 独裁国家の深層を探る冒険の旅へ、そして人間の心の最も奥深いところへ導いてくれる、極めて美しい小説。――選評

孤児院長の息子パク・ジュンドは、美人歌手の母親を“平壌” に奪われ、その悲しみに暮れる父からは、虐待を受けて育った。14歳の時に軍に召集されトンネル兵として訓練を受ける。その後は日本での拉致や漁船でのスパイ活動に専念。さらに英語を身につけ、アメリカ行きの任務を命じられるのだが……。不条理な体制に翻弄されながらも、国家の中枢に接近するジュンドの真の目的とは?

著者プロフィール

1967年アメリカ・サウスダコタ州生れ。現在、スタンフォード大学・英文学科の准教授。2002年に『トラウマ・プレート』を、翌年“Parasites Like Us”を刊行。その後、2012年に『半島の密使』を刊行し、2013年ピュリッツァー賞フィクション部門賞を受賞。

佐藤耕士

サトウ・コウジ

1958年生れ。上智大学文学部英文学科卒業。ペレケーノス『俺たちの日』、トゥロー『死刑判決』、ホッセイニ『君のためなら千回でも』、ドイッチ『13時間前の未来』、ブレイディー『完全なるチェス』など訳書多数。

蓮池薫

ハスイケ・カオル

1957年新潟県柏崎市生れ。新潟産業大学准教授。1978年中央大学法学部三年在学中に拉致され、24年間、北朝鮮での生活を余儀なくされる。帰国後、同大学に復学し卒業。訳書に『孤将』『私たちの幸せな時間』『トガニ―幼き瞳の告発―』など多数。著書に『半島へ、ふたたび』『蓮池流韓国語入門』『夢うばわれても』『拉致と決断』などがある。

関連書籍

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

アダム・ジョンソン
登録
佐藤耕士
登録
蓮池薫
登録
文芸作品
登録
評論・文学研究
登録

書籍の分類