ホーム > 書籍詳細:人間をお休みしてヤギになってみた結果

人間をお休みしてヤギになってみた結果

トーマス・トウェイツ/著 、村井理子/訳

1,034円(税込)

発売日:2017/11/01

書誌情報

読み仮名 ニンゲンヲオヤスミシテヤギニナッテミタケッカ
シリーズ名 Science&History Collection
装幀 Tim Bowditch/カバー写真、新潮社装幀室/デザイン
発行形態 文庫、電子書籍
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-220003-2
C-CODE 0198
整理番号 シ-38-52
ジャンル ノンフィクション、科学読み物
定価 1,034円
電子書籍 価格 1,034円
電子書籍 配信開始日 2017/11/10

世界が笑ったイグノーベル賞受賞作品!
全部マジでやってみた真似厳禁の爆笑実験!

仕事はパッとしないし、彼女に怒られるしで、ダメダメな日々を送る僕。いっそヤギにでもなって人間に特有の「悩む」ことから解放されることはできないだろうか……というわけで本気(まじ)でやってみました。四足歩行の研究のためにヤギを解剖し、草から栄養をとる装置を開発。医者に止められても脳の刺激実験を繰り返し――。イグノーベル賞を受賞した抱腹絶倒のサイエンス・ドキュメント。

目次
はじめに
第1章 魂
第2章 思考
第3章 体
第4章 内臓
第5章 ヤギの暮らし
参考文献一覧・写真提供
訳者あとがき

関連コンテンツ

短評

「ヤギ男」になることでホモサピエンスと他の生物との架け橋になるという摩詞不思議な試みにもかかわらず、啓蒙的かつ笑える本になっている。
――「ガーディアン」紙

著者プロフィール

デザイナー。2009年、英ロイヤル・カレッジ・オブ・アートを卒業。大学院の卒業制作をまとめた著書『ゼロからトースターを作ってみた結果』は「ワイアード・マガジン」「ボストン・グローブ」「ニューヨーク・タイムス」「王様のブランチ」など各国メディアで話題となり、作品はヴィクトリア&アルバート博物館のパーマネント・コレクションとして収蔵された。『人間をお休みしてヤギになってみた結果』で2016年イグノーベル賞を受賞。

村井理子

ムライ・リコ

翻訳家。訳書に『ブッシュ妄言録』『ヘンテコピープルUSA』『ローラ・ブッシュ自伝』『ゼロからトースターを作ってみた結果』『ダメ女たちの人生を変えた奇跡の料理教室』『兵士を救え! マル珍軍事研究』『子どもが生まれても夫を憎まずにすむ方法』『人間をお休みしてヤギになってみた結果』『サカナ・レッスン』など、エッセイに『犬(きみ)がいるから』『兄の終い』など。『村井さんちのぎゅうぎゅう焼き』(KADOKAWA)で、「ぎゅうぎゅう焼き」ブームを巻き起こす。ファーストレディ研究家でもある。

関連書籍

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

トーマス・トウェイツ
登録
村井理子
登録
科学読み物
登録

書籍の分類