ホーム > 書籍詳細:鏡の国のアリス

鏡の国のアリス

ルイス・キャロル/著 、金子國義/絵 、矢川澄子/訳

605円(税込)

発売日:1994/09/28

書誌情報

読み仮名 カガミノクニノアリス
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-240102-6
C-CODE 0197
整理番号 キ-7-2
ジャンル 文芸作品、読み物
定価 605円

鏡のなかをくぐりぬけ、アリスはまたまた奇妙な冒険の世界へ飛び込んだ――。夢とユーモアあふれる物語を、オリジナル挿画で贈る。

著者プロフィール

ルイス・キャロル

Carroll,Lewis

(1832-1898)本名チャールズ・ラトウィッジ・ドジスン。イギリスの童話作家でオックスフォード大学の数学と論理学の教授でもあった。幼い少女たちをこよなく愛し、生涯を独身で通した。著書に『鏡の国のアリス』『シルヴィーとブルーノ』など。

金子國義

カネコ・クニヨシ

矢川澄子

ヤガワ・スミコ

(1930.7-2002.5)東京生まれ、東京女子大、学習院大卒。詩集『ことばの国のアリス』他、小説『失われた庭』他、エッセイ『野溝七生子というひと』他など幅広く活躍。また『雪のひとひら』『サーカス物語』『ぞうのババール』『不思議の国のアリス』などのファンタジー、児童文学の名訳者として、澁澤龍彦の最初の夫人であり、谷川雁の晩年のパートナーであった神秘的な女性として広く知られた。

関連書籍

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

ルイス・キャロル
登録
金子國義
登録
矢川澄子
登録
文芸作品
登録
読み物
登録

書籍の分類