ホーム > 書籍詳細:笑う死体―マンチェスター市警 エイダン・ウェイツ―

笑う死体―マンチェスター市警 エイダン・ウェイツ―

ジョセフ・ノックス/著 、池田真紀子/訳

1,155円(税込)

発売日:2020/09/01

書誌情報

読み仮名 ワラウシタイマンチェスターシケイエイダンウェイツ
装幀 (C)skyNext/カバー写真、Shutterstock.com/カバー写真、新潮社装幀室/デザイン
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-240152-1
C-CODE 0197
整理番号 ノ-1-2
定価 1,155円

謎の死体〈笑う(スマイ)男(リー)〉の正体とは? 真相を追うエイダンに迫る狂気の罠。驚愕のミステリ!

休業中のホテルで深夜、死体が発見された。指紋は切除され、顔には満面の笑み、そして謎の文字の紙片が……不可解極まりない殺人の真相を追って相棒サティと捜査に乗り出したエイダンの前に立ち塞がる欲望と狂気の罠、そして過去から甦る彼自身の忌わしき記憶。〈笑う男(スマイリー)〉の正体を突き止め、複雑に歪んだ事件の構図を解明できるのか。破滅的な世界を詩情を湛えて描く超絶技巧の長篇ミステリ!

目次
I ミッドナイト・シティ Midnight City
II レッド・アイズ Red Eyes
III チャイナタウン China Town
IV ヴァニッシング・アクト Vanishing Act
V ケイム・バック・ホーンテッド Came Back Haunted
VI ウルフ・ライク・ミー Wolf Like Me
VII ウルトラバイオレンス Ultraviolence
VIII ア・ペア・オブ・ブラウン・アイズ A Pair of Brown Eyes
IX ターン・オン・ザ・ライト Turn on the Light
X デーモン・イン・プロファイル Demon in Profile
XI サムシング・トゥ・リメンバー・ミー・バイ Something to Remember Me By
XII キル・フォー・ラブ Kill For Love
解説 杉江松恋

著者プロフィール

英国のストークとマンチェスター周辺で生れ育ち、書店やバーで働く。ロンドンに移って執筆活動を開始し、『堕落刑事』で作家デビュー、一躍注目を集める。シリーズ第2弾『笑う死体』も好評を博し、2019年夏に第3弾“The Sleepwalker”を発表。

池田真紀子

イケダ・マキコ

1966年東京生れ。上智大学卒業。ディーヴァー「リンカーン・ライム」シリーズ、コーンウェル「検屍官」シリーズ、フィン『ウーマン・イン・ザ・ウィンドウ』ウォーカー『まだすべてを忘れたわけではない』など訳書多数。

関連書籍

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

ジョセフ・ノックス
登録
池田真紀子
登録

書籍の分類

  • 発行形態:文庫
  • 著者名:
  • 著者名:K