ホーム > 書籍詳細:チャイムが鳴った

何も起こるはずはない。いつも通りだ。明日はくる。絶対にくる。

チャイムが鳴った

日和聡子/著

2,160円(税込)

本の仕様

発売日:2019/04/25

読み仮名 チャイムガナッタ
装幀 宮城勝規/装画、(C)MIYAGI Katsunori/Ohshima Fine Art/装画、新潮社装幀室/装幀
雑誌から生まれた本 新潮から生まれた本
発行形態 書籍
判型 四六判
頁数 232ページ
ISBN 978-4-10-303773-6
C-CODE 0093
定価 2,160円

ついさっきまでそこに確かにあったはずの見慣れた光景がいつのまにか見えなくなっている……。平凡な日常こそかけがえのないものだと感じつつも、それが少しずつ失われていくことへの不安に苛まれる多感で繊細な少年少女たちを描く「虹のかかる行町」。帰ってきたはずの子どもが家から姿を消す「飛光」など四篇を収める中短編集。

著者プロフィール

日和聡子 ヒワ・サトコ

1974年島根県生まれ。立教大学文学部日本文学科卒。2002年、『びるま』で中原中也賞受賞。以後、詩作にくわえて、小説を発表するようになる。2012年、『螺法四千年記』で野間文芸新人賞受賞。2016年、『砂文』で萩原朔太郎賞受賞。

感想を送る

新刊お知らせメール

日和聡子
登録する

書籍の分類

チャイムが鳴った

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※ 書店によっては、在庫の無い場合や取扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • e-hon
  • HonyaClub
  • TSUTAYA ONLINE
  • 紀伊國屋書店
  • エルパカBOOKS - HMV
  • honto