ホーム > 書籍詳細:こどもホスピスの奇跡―短い人生の「最期」をつくる―

こどもホスピスの奇跡―短い人生の「最期」をつくる―

石井光太/著

1,705円(税込)

発売日:2020/11/26

書誌情報

読み仮名 コドモホスピスノキセキミジカイジンセイノサイゴヲツクル
装幀 矢萩多聞/装幀
雑誌から生まれた本 小説新潮から生まれた本
発行形態 書籍、電子書籍
判型 四六判変型
頁数 270ページ
ISBN 978-4-10-305457-3
C-CODE 0095
定価 1,705円
電子書籍 価格 1,705円
電子書籍 配信開始日 2020/11/26

すべては病の子供と家族のために。施設誕生から日々の奮闘まで、感動の記録。

余命少ない子供たちが日々続く辛い治療から離れ、やりたいことをのびのびとやり、家族と生涯忘れえぬ思い出をつくる。そんな、短くとも深く生きるための場所があったら――。医師や親たち関係者の希望をたずさえ、大阪、鶴見に誕生した「TSURUMIこどもホスピス」。実現に向けて立ち上がった人たちのこれまで、そしてこれから。

目次
プロローグ
第一章 小児科病棟の暗黒時代
白い巨塔の不文律
子供の愛情飢餓
恨んだ目をして死んでいく
新生児医療の葛藤
快復という悲劇
「助からないなら治療をやめます」
第二章 英国のヘレンハウス
小さな一歩
ホスピタル・プレイ・スペシャリスト
英国の緩和ケア
誰が大学病院の権力を握るのか
第三章 大阪市中央公会堂
大阪市立総合医療センター
緩和ケアの導入
スタート・スモール
第四章 小児病棟
すみれ病棟の青春
病院で勉強をさせてください
第二ボタン
第五章 プロジェクト始動
ホスピス設立を願う人々
残された時間を豊かに
小児がん拠点病院
ホスピス訪問を夢見る少女
オープンへの道のり
第六章 TSURUMIこどもホスピス
幕開け
気づきを与えてくれた死
遺族として生きる
第七章 短い人生を飾る
生きた証をアルバムに
家族をつなぐ
第八章 友のいる家
二年目の春
夏夜のキャンプ
友として寄り添う
エピローグ

著者プロフィール

石井光太

イシイ・コウタ

1977(昭和52)年、東京生れ。国内外の文化、歴史、医療などをテーマに取材、執筆活動を行っている。ノンフィクション作品に『物乞う仏陀』『神の棄てた裸体』『絶対貧困』『遺体』『浮浪児1945-』『「鬼畜」の家』『43回の殺意』『本当の貧困の話をしよう』など多数。また、『蛍の森』などの小説、『ぼくたちはなぜ、学校へ行くのか。』などの児童書も手掛けている。

石井光太 公式ホームページ (外部リンク)

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

石井光太
登録

書籍の分類