ホーム > 書籍詳細:命あれば

あらゆるこの世の変遷を見てきた97歳の著者が語る、末世を生き抜くための知恵。

命あれば

瀬戸内寂聴/著

1,188円(税込)

本の仕様

発売日:2019/08/27

読み仮名 イノチアレバ
装幀 モリナオミ/装画、新潮社装幀室/装幀
発行形態 書籍
判型 四六判変型
頁数 214ページ
ISBN 978-4-10-311227-3
C-CODE 0095
ジャンル 文学・評論
定価 1,188円

季節の移ろいを愛で、新しいことに挑戦し、死と生と老いを思い、懐かしい人たちを偲んで、非情な事件や荒廃した政治を憂う。いくつになっても喜び、笑い、怒り、嘆き、命がある限り生きる情熱は失いたくない――。97歳の著者の真摯な言葉があなたの心をときほぐす、不安な時代を幸福に生きるための心がまえ62話。

著者プロフィール

瀬戸内寂聴 セトウチ・ジャクチョウ

1922(大正11)年5月15日徳島生れ。東京女子大学卒。1957(昭和32)年「女子大生・曲愛玲」で新潮社同人雑誌賞受賞。1973年11月14日平泉中尊寺で得度。法名寂聴(旧名晴美)。1992(平成4)年『花に問え』で谷崎潤一郎賞、1996年『白道』で芸術選奨、2001年『場所』で野間文芸賞、2011年『風景』で泉鏡花文学賞を受賞。1998年に『源氏物語』(全10巻)の現代語訳を完訳。2006年文化勲章を受章。著書に『かの子撩乱』『美は乱調にあり』『青鞜』『比叡』『手毬』『いよよ華やぐ』『釈迦』『秘花』『奇縁まんだら』『月の輪草子』『わかれ』『老いも病も受け入れよう』『求愛』『いのち』など多数。

目次

第一章 京都・嵯峨野に暮らす日々
美しい日本の乏しい危機感
寂庵の行方
文化への愛と情熱
声明の夕べ
女性仏教文化研究センター
文化ボランティア運動
老春のパワー
灯りを消そう
田んぼアートの初穂
小さな町家
第二章 愛別離苦をのりこえて
家族と迎える正月こそ
ややこしい運命から
厄年の迷惑な置き土産
子ども手当とは
躾はあって当然
国家百年の計
犯罪被害者の会を支援する
言葉もない辛さ
第三章 なつかしい人たちの俤
宇野千代さんの岩国
水上勉さんをしのぶ夕
快老米寿の人
正月の死
歴史の流れの堰に
もういない人たち
妖怪聖家族
ふたり 太郎と敏子
現代の妖怪
柚子湯
稀有な夫婦愛
勧進帳と弔辞
やがて来るその日のために
残される立場
第四章 どちらを向いても嘆かわしい
血も涙もない冷酷非情な判決
奇跡の帰還
人権と裁判
汚染された日本人の心
伝える人の少くなる不安
偽りに不感症な怪物
地獄にも仏
アングリマーラの話
人気妖怪
細川護熙さんとの縁
アベ政治を許さない
第五章 女にまかせろ
いずこも同じ女の悩み
女にまかせろ
女の時代
盲導犬とみつまめ会
太陽になった平成の女たち
人権から共生への道筋
猛暑の日の面会
ぬちがふう(命果報)
第六章 好奇心が長寿の秘訣
小澤征爾さんのコンサートキャラバン
籔内童子と正倉院展
文楽を守れ
復興への燭光
白亜の巨大墓
トマス・アクィナスとの縁
ノーベル賞のこと
新しい男友だち
新しもの好きの電子ブック
今、福田恆存の対談集
酒徒番付 西の大関として
あとがき

感想を送る

新刊お知らせメール

瀬戸内寂聴
登録する

書籍の分類

この分類の本