ホーム > 書籍詳細:ジャックポット

ジャックポット

筒井康隆/著

1,760円(税込)

発売日:2021/02/17

書誌情報

読み仮名 ジャックポット
装幀 筒井伸輔/装画、宮島径/撮影、(C)TSUTSUI Shinsuke Courtesy of Mizuma Art Gallery/装画、新潮社装幀室/装幀
雑誌から生まれた本 新潮から生まれた本
発行形態 書籍、電子書籍
判型 四六判
頁数 284ページ
ISBN 978-4-10-314534-9
C-CODE 0093
定価 1,760円
電子書籍 価格 1,760円
電子書籍 配信開始日 2021/02/17

嗤え、歌え、踊れ、狂え。今日も世界中が〈大当たり(ジャックポット)〉! 読者の度肝を抜く超=私小説的短篇集。

コロナ禍、戦争、ジャズ、映画、文学、嫌=民主主義、そして息子の死――。かつてなく「筒井康隆の成り立ち方」を明かす最前衛にして超弩級の〈私小説〉爆誕! 亡き息子との〈再会〉を描いた感動の話題作「川のほとり」収録。

目次
漸然山脈
コロキタイマイ
白笑疑
ダークナイト・ミッドナイト
蒙霧升降
ニューシネマ「バブルの塔」
レダ
南蛮狭隘族
縁側の人
一九五五年二十歳
花魁櫛
ジャックポット
ダンシングオールナイト
川のほとり

著者プロフィール

筒井康隆

ツツイ・ヤスタカ

1934(昭和9)年、大阪市生れ。同志社大学卒。1960年、弟3人とSF同人誌〈NULL〉を創刊。この雑誌が江戸川乱歩に認められ「お助け」が〈宝石〉に転載される。1965年、処女作品集『東海道戦争』を刊行。1981年、『虚人たち』で泉鏡花文学賞、1987年、『夢の木坂分岐点』で谷崎潤一郎賞、1989(平成元)年、「ヨッパ谷への降下」で川端康成文学賞、1992年、『朝のガスパール』で日本SF大賞をそれぞれ受賞。1996年12月、3年3カ月に及んだ断筆を解除。1997年、パゾリーニ賞受賞。2000年、『わたしのグランパ』で読売文学賞を受賞。2002年、紫綬褒章受章。2010年、菊池寛賞受賞。2017年、『モナドの領域』で毎日芸術賞を受賞。他に『家族八景』『敵』『銀齢の果て』『ダンシング・ヴァニティ』『アホの壁』『現代語裏辞典』『聖痕』『世界はゴ冗談』など著書多数。

筒井康隆ホームページ (外部リンク)

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

筒井康隆
登録

書籍の分類