ホーム > 書籍詳細:わたしの台南―「ほんとうの台湾」に出会う旅―

わたしの台南―「ほんとうの台湾」に出会う旅―

一青妙/著

1,320円(税込)

発売日:2014/08/29

書誌情報

読み仮名 ワタシノタイナンホントウノタイワンニデアウタビ
発行形態 書籍、電子書籍
判型 四六判
頁数 191ページ
ISBN 978-4-10-336271-5
C-CODE 0026
ジャンル 歴史・地理・旅行記
定価 1,320円
電子書籍 価格 1,056円
電子書籍 配信開始日 2015/02/20

台南を知らずに台湾は語れない! 魅惑の古都とっておきガイド&エッセイ!!

今は亡き父母、そして妹・一青窈の一家四人で過ごした思い出の国を再訪し出会った、旧きよき時代の面影。地元のソウルフードから流行のスイーツまで美食の街を食べ歩き、人情深く人懐こい人々に触れ、その歴史と文化を訪ねた著者が心を込めて綴る台南への誘い。大都市・台北、高雄だけじゃない台湾のもう一つの魅力がここに!

目次
プロローグ
第一章 おいしい台南へようこそ
美食の街を食べつくす
懐かしくてほっこりなスイーツたち
台南はフルーツパラダイス!
第二章 愛すべき台南の人々
私と台南を結ぶ歴史
台南を動かす若い力
楊さんに会いに――マルヤンビンロウ店
誇り高き安平人――カラスミ職人
台南のソウルフード――サバヒーのこと
台南と日本人をつないだ日本人
第三章 受け継がれる台南の心
台南北部の旅――無米楽と関子嶺温泉
野外大宴会は食文化の枠
台湾一の奇祭
家族で祝う台南の旧正月
エピローグ

著者プロフィール

一青妙

ヒトト・タエ

台湾屈指の名家「顔家」出身の父と日本人の母との間に生まれ、幼少期は台湾で育ち、11歳から日本で暮らし始める。エッセイスト、女優、歯科医として活躍中。著作に『私の箱子(シャンズ)』『ママ、ごはんまだ?』(ともに講談社)、『わたしの台南「ほんとうの台湾」に出会う旅』『わたしの台湾・東海岸「もう一つの台湾」をめぐる旅』(ともに新潮社)。台湾と日本をつなぐ架け橋となる活動が高く評価され、台南市親善大使や中能登町観光大使に相次いで任命されている。『ママ、ごはんまだ?』を原作にした日台合作映画が製作中で、妹の歌手一青窈が主題歌を歌い、自身も映画に出演。2017年春の公開が予定されている。

関連書籍

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

一青妙
登録
歴史・地理・旅行記
登録

書籍の分類