ホーム > 書籍詳細:2人目、どうする?

もう1人子どもが欲しい、けど……揺れる心と、それぞれの「幸せの形」。

2人目、どうする?

小林裕美子/著

1,540円(税込)

本の仕様

発売日:2020/03/25

読み仮名 フタリメドウスル
装幀 石川照美(LANTERN)/装幀
発行形態 書籍、電子書籍
判型 A5判
頁数 191ページ
ISBN 978-4-10-339053-4
C-CODE 0979
ジャンル コミック
定価 1,540円
電子書籍 価格 1,540円
電子書籍 配信開始日 2020/03/27

不妊治療を経て40歳で出産した「私」とママ友たちは、お金、仕事、年齢など考えることが山積み。家事と育児の分担、育休とキャリアの問題、子どもの病気、夫婦関係、一人っ子の選択といった様々な事情を描き、「産んでよかった」「失ったものもある」など、リアルな声を丁寧に掬った「2人目問題」の決定版エッセイ漫画。

著者プロフィール

小林裕美子 コバヤシ・ユミコ

イラストレーター/マンガ家。東京造形大学デザイン学科卒業。書籍、雑誌、WEB媒体、新聞等にイラストやコミックを掲載中。『親が倒れた!桜井さんちの場合』『親を、どうする?』『私、産めるのかな?』『産まなくてもいいですか?』『それでも、産みたい 40歳目前、体外受精を選びました』など多数の著書がある。

目次

はじめに
登場人物紹介
プロローグ
二人目がほしい、けど…
子どもがほしい理由
【コラム(1)「2人目、ほしい?」】
二人目が産まれたら
失ったものもある――A子の場合
【コラム(2)「2人目の壁」】
二人目のシミュレーション
フリーランスゆえ
一人でも――E子の場合
二人いるといくらかかる?
親の介護
子どもの健康
産んでよかった――D子の場合
夫の説得
「恥ずかしい」という感覚
【コラム(3)「2人目を迎えるために――お金・仕事編」】
夫の気持ち
二人目のプレッシャー――B子の場合
最後のトライ
夫との関係――C子の場合
【コラム(4)「2人目を迎えるために――家事・育児サポート編」】
生命力
完全流産
二人目をあきらめる理由
カウンセリング
命をはぐくむ
ニュートラルな考え
新たな命
私なら
【コラム(5)「おまけ 産んでよかった」】
おわりに

感想を送る

新刊お知らせメール

小林裕美子
登録する
コミック
登録する

書籍の分類

この分類の本

2人目、どうする?

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※ 書店によっては、在庫の無い場合や取扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • e-hon
  • HonyaClub
  • TSUTAYA ONLINE
  • 紀伊國屋書店
  • エルパカBOOKS - HMV
  • honto

2人目、どうする?

以下のネット書店よりご購入ください。

※ 詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

電子書店

Shincho Live!