ホーム > 書籍詳細:アフター・ビットコイン2 仮想通貨vs.中央銀行―「デジタル通貨」の次なる覇者―

アフター・ビットコイン2 仮想通貨vs.中央銀行―「デジタル通貨」の次なる覇者―

中島真志/著

1,760円(税込)

発売日:2020/06/23

書誌情報

読み仮名 アフタービットコイン02カソウツウカヴァーサスチュウオウギンコウデジタルツウカノツギナルハシャ
装幀 新潮社装幀室/装幀
発行形態 書籍、電子書籍
判型 四六判
頁数 284ページ
ISBN 978-4-10-351282-0
C-CODE 0030
定価 1,760円
電子書籍 価格 1,760円
電子書籍 配信開始日 2020/06/23

迷走する「リブラ」。先行する「デジタル人民元」。動き始めた「デジタル円」――。

フェイスブック「リブラ」はなぜ迷走したのか? 「デジタル人民元」の実用化を急ぐ中国と、それを猛追する各国の中央銀行の思惑とは? 香港発の「疑惑のステーブルコイン」とは? 独自開発に動き出した大手米銀の狙いとは? 「デジタル通貨」の覇権をめぐるIT企業・民間銀行・中銀の三つ巴の争いを、第一人者が鮮やかに描く。

目次
はじめに
第I部 リブラの野望―挫折を乗り越えられるか
第1章 リブラとは何か
1.ホワイトペーパーの公表に世界が騒然
2.ビットコインとリブラの違い
3.リブラの真の発行目的は何か?
【BOX1】リブラの名前は古代ローマから
第2章 巧みにデザインされたリブラの仕組み
1.中央銀行のビジネスモデルから学んだリブラ
2.リブラの衝撃の大きさ
3.最大の被害国は米国か?
4.当局は何を懸念しているのか?
【BOX2】リブラは100%の裏付け資産を維持できるのか?
5.規制の行方
6.リブラの方針転換――「リブラ2・0」へ
第II部 群雄割拠の仮想通貨―アルトコインからデジタル通貨へ
第3章 混乱続く仮想通貨業界
1.仮想通貨取引所からの流出が相次ぐ
2.51%攻撃の発生
3.ビットコインの違法取引への利用
第4章 仮想通貨の発展
1.ビットコインからアルトコインへ
2.ステーブルコインとは何か
3.テザーによる価格操作疑惑
第5章 デジタル通貨への流れ
1.ステーブルコインからデジタル通貨へ
2.銀行グループによるデジタル通貨発行の動き
3.個別銀行によるデジタル通貨発行の動き
第III部 中央銀行の参戦―「大本命」に死角はあるか
第6章 中央銀行によるデジタル通貨
1.中銀デジタル通貨(CBDC)の発行に向かう中央銀行
2.中銀デジタル通貨(CBDC)の必要性と種類
3.大口決済用CBDCとは
4.大口決済用CBDCに向けた実証実験の動き
第7章 現金のデジタル化
1.小口決済用CBDCとは
2.小口決済用CBDCに向けて動く中央銀行
3.小口決済用CBDCの留意すべき点
4.中銀デジタル通貨は新たな政策ツールになるのか?
5.今後のCBDCの展開
おわりに
参考文献

著者プロフィール

中島真志

ナカジマ・マサシ

1958年生まれ。1981年ー橋大学法学部卒業。同年日本銀行入行。金融研究所、国際局、国際決済銀行(BIS)などを経て、麗澤大学経済学部教授。早稲田大学非常勤講師。博士(経済学)。単著に『アフター・ビットコイン仮想通貨とブロックチェーンの次なる覇者』『外為決済とCLS銀行』、『SWIFTのすべて』、『入門 企業金融論』、共著に『決済システムのすべて』、『証券決済システムのすべて』など。決済分野を代表する有識者として、金融庁や全銀ネットの審議会等にも数多く参加。

関連書籍

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

中島真志
登録

書籍の分類