ホーム > 書籍詳細:組曲 わすれこうじ

組曲 わすれこうじ

黒田夏子/著

2,090円(税込)

発売日:2020/05/27

書誌情報

読み仮名 クミキョクワスレコウジ
装幀 竹村京「Clover 2 on Ober」,2016(C)Kei Takemura/カバー作品表、Courtesy of Taka Ishii Gallery/カバー作品表、Kenji Takahashi/Photo、新潮社装幀室/装幀
雑誌から生まれた本 新潮から生まれた本
発行形態 書籍
判型 四六判変型
頁数 198ページ
ISBN 978-4-10-353311-5
C-CODE 0093
定価 2,090円

『abさんご』の衝撃から7年、芥川賞受賞後初となる新作小説集。

節句のひながた、骰子、絵葉書、ミニチュアの動物……。手ばこにしまわれ、ひきだし家具に収められた愛おしきものたちの記憶。幼年の心に刻まれた密やかな歓びが、途切れることなく連なる言葉のリズムを得て美しく再生されてゆく。横書きの独創的文体(スタイル)で世を驚かせた芥川賞作家が、7年の歳月をかけて織り上げた無比の小説集。

著者プロフィール

黒田夏子

クロダ・ナツコ

1937年東京生まれ。早稲田大学教育学部国語国文学科卒業。教員、事務職、校正者などとして働きながら、作品を書き続ける。1963年、「毬」で第63回読売短編小説賞に入選。2012年9月、「abさんご」で第24回早稲田文学新人賞を受賞。2013年1月には第148回芥川賞を受賞して、75歳の最高齢受賞者となった。著書に『累成体明寂』『感受体のおどり』がある。。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

黒田夏子
登録

書籍の分類