ホーム > 書籍詳細:戀童夢幻

戀童夢幻

木下昌輝/著

2,090円(税込)

発売日:2020/10/20

書誌情報

読み仮名 レンドウムゲン
装幀 大竹彩奈/装画、新潮社装幀室/装幀
雑誌から生まれた本 小説新潮から生まれた本
発行形態 書籍、電子書籍
判型 四六判変型
頁数 404ページ
ISBN 978-4-10-353631-4
C-CODE 0093
定価 2,090円
電子書籍 価格 2,090円
電子書籍 配信開始日 2020/10/20

「芸能の刃で上様のお心と斬り結びたくあります」純白の死装束をまとった美少年が、信長を前に舞い始めた。

信長の前に現れた、華奢な踊り手・加賀邦ノ介。妖にも似た魅力をもつ邦ノ介に、信長を慕う森“乱(らん)”成利(なりとし)の心はかき乱される。その胸中を察した明智光秀は、森乱にある取引を持ちかけるが……。信長、千宗易、家康ら戦国の猛者に対峙し、歴史を動かした流浪の芸能者の正体とは。時代小説界随一のスリルを誇る著者の最高傑作!

目次
らんの章
ごうの章
こいの章
さがの章
いろの章

著者プロフィール

木下昌輝

キノシタ・マサキ

1974年奈良県生まれ。近畿大学理工学部建築学科卒。2012年「宇喜多の捨て嫁」で第92回オール讀物新人賞を受賞。2014年『宇喜多の捨て嫁』を刊行。同作は2015年に第152回直木賞候補作となり、第4回歴史時代作家クラブ賞新人賞、第9回舟橋聖一文学賞、第2回高校生直木賞を受賞した。2019年『天下一の軽口男』で第7回大阪ほんま本大賞、『絵金、闇を塗る』で第7回野村胡堂文学賞、2020年『まむし三代記』で第9回日本歴史時代作家協会賞作品賞受賞。他の著書に『人魚ノ肉』『敵の名は、宮本武蔵』『戦国十二刻 終わりのとき』『戦国十二刻 始まりのとき』『兵(つわもの)』『宇喜多の楽土』『炯眼に候』『信長 空白の百三十日』などがある。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

木下昌輝
登録

書籍の分類