ホーム > 書籍詳細:地上に星座をつくる

地上に星座をつくる

石川直樹/著

1,925円(税込)

発売日:2020/11/25

書誌情報

読み仮名 チジョウニセイザヲツクル
装幀 石川直樹/写真、新潮社装幀室/装幀
雑誌から生まれた本 新潮から生まれた本
発行形態 書籍、電子書籍
判型 四六判変型
頁数 302ページ
ISBN 978-4-10-353691-8
C-CODE 0095
定価 1,925円
電子書籍 価格 1,925円
電子書籍 配信開始日 2020/11/25

ヒマラヤ遠征を繰り返し、旅から旅へ。未知の世界と出会い続ける7年間。

北極海でシロクマと出会い、ユーコン川をカヌーで下り、シベリアで流氷が生まれるところを見つめ、南米ペルーで凍結ミイラとなった少女の足跡をたどる。富士山に海抜0メートルから登り、知床でヒグマと一夜を過ごし、震災後の福島、能登、国東、宮古島へ。カメラを携え旅する日々を通して世界を見つめる身体と思考の軌跡。

目次
ウサギ狩り
エベレストの犬
手で尻を拭く
最奥の国境
ガンジスの河口にて
片目しか見えない仮面
船で越えた国境
ミイラの少女
原発前の猪
最高の登山
東京低地順応
高校の写真部
ダッカとの再会
0メートルからの富士登山
完敗の山
咳き込みながら、パリ
チベットの年越し
標高8400メートルのポイ捨て
斜里の子どもたち
真夏のサハリン
ホイアン再訪
アルバータ縦断の旅
世界第二位の難峰に向けて
未知の山、K2へ
ぼくは悔しい
新潟の潟
越境カナダ
カラコルムの水晶
寄りクジラの浜
アボリジニの地図
能登の風呂屋
知床連山縦走
詩人と写真
岬の記憶
奥能登あるくみるきく
最涯てという入口
刹那の輝き
北極圏の短い夏
ヒグマと一夜を過ごす
無人温泉
悪夢の大雪
再会のカトマンズ
島に暮らす
チェビさんと会う
ヒマラヤの仮面神
流氷のはじまりを探して
高所順応の旅
ユーコン漂流
台風の目
写真を撮ること、旅すること
あとがき

著者プロフィール

石川直樹

イシカワ・ナオキ

1977年東京生まれ。写真家。東京藝術大学大学院美術研究科博士後期課程修了。人類学、民俗学などの領域に関心を持ち、辺境から都市まであらゆる場所を旅しながら、作品を発表し続けている。2008年『NEW DIMENSION』、『POLAR』で日本写真協会賞新人賞、講談社出版文化賞写真賞を受賞、2011年『CORONA』で土門拳賞、2020年『EVEREST』、『まれびと』で日本写真協会賞作家賞を受賞。2008年に開高健ノンフィクション賞を受賞した『最後の冒険家』ほか著書多数。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

石川直樹
登録

書籍の分類