ホーム > 書籍詳細:ずっと、ずっと帰りを待っていました―「沖縄戦」指揮官と遺族の往復書簡―

ずっと、ずっと帰りを待っていました―「沖縄戦」指揮官と遺族の往復書簡―

浜田哲二/著 、浜田律子/著

1,760円(税込)

発売日:2024/02/15

  • 書籍
  • 電子書籍あり

戦没兵士は、私の最愛の人でした――手紙が浮き彫りにする感動の人間ドラマ。

沖縄戦で、米軍から陣地奪還を果たした大隊があった。奮戦むなしく兵士の9割は戦死。終戦直後から24歳の指揮官・伊東孝一は部下の遺族に充てて「詫び状」を送り続ける。時は流れ、伊東から「遺族からの返信」の束を託されたジャーナリスト夫婦が、“送り主”へ手紙を返還するなかで目撃したのは――。不朽の発掘実話。

目次
プロローグ――伊東大隊長への手紙
第一章 戦いは強固な陣地づくりから
――沖縄上陸と戦闘準備(一九四四年夏~四五年四月中旬)
「でも、どうして。あんなに早く」
後藤豊 准尉(享年三三)
第二章 陣地なき戦い
――緒戦、西原・小波津の戦闘(一九四五年四月末)
「姿は見えなくとも、夫はきっと生きている。私の心の中に」
田中幸八 上等兵(享年三一、推定)
「私は親として、彼の死を決して悲しみはしない」
山崎松男 上等兵(享年二二、推定)
「敗戦によって思想的根拠を失い、長男を失い、言い表し得ぬ心情」
吉岡力 伍長(享年二四)
「幸いにして勇は、喜んで戦死致せしものと存じます」
奥谷勇 一等兵(生年月日は不明)
第三章 噛み合わない作戦指令
――首里近郊一四六高地の戦闘(一九四五年五月初旬)
「生キ残リテハ居ラヌカト、様子ノ有ルノヲ待ッテ居リマシタ」
横山貞男 一等兵(享年三四)
「それは空しき生命だったとあきらめる道しかありません」
中村石太郎 軍曹(享年三五)
「礎とは肩書きだけ、犬猫よりおとる有り様ではありませんか」
小早川秀雄 伍長(生年月日は不明)
「復員軍人を見るにつけても、もしやと胸を轟かせた」
太田宅次郎 上等兵(享年三四)
第四章 死闘、また死闘
――棚原高地の奪還作戦(一九四五年五月五~七日)
「軍人として死に場所を得た事、限りなき名誉と存じます」
今村勝 上等兵(享年三三)
「肉一切れも残さず飛び散ってしまったのですか」
倉田貫一 中尉(享年三八)
「新日本建設の基に、我が児の血により力強く染めた事と思い」
黒川勝雄 一等兵(享年二一)
「今は淋しく一人残され、自親もなく子供もなければ金もなく」
野勢勝蔵 上等兵(生年月日は不明)
第五章 玉砕を覚悟
――首里司令部近郊の守備~南部撤退(一九四五年五月中旬~五月末)
「かねて覚悟と申しながら、何と申し述べることもできません」
高田鉄太郎 上等兵(生年月日は不明)
「もしや、ひょっこりと帰ってきてはくれまいか等と思われて」
鈴木良作 上等兵(享年三六)
「恥ずかしからぬ最期を遂げたる事を承り、父として何よりも安堵仕りました」
重田三郎 主計中尉(享年二三、推定)
第六章 最後の防衛線
――糸満・国吉台の戦闘(一九四五年六月中旬)
「本当は後を追いたい心で一杯なのでございます」
松倉秀郎 上等兵(享年三五、推定)
「私のおしえをまもりましたのですから、けっしておしいとは思いません」
鈴木喜代治 上等兵(享年二六、推定)
「御貴書により、あきらめがつきました」
長内大太郎 上等兵(生年月日は不明)
「愚息ニ付イテハ、イマダ生死不明デアリマスカラ」
工藤國雄 中尉(享年二九)
第七章 武装解除までの消耗戦
――糸満・照屋の戦闘(一九四五年六月~八月末)
「息子の想い出がこもった庭石を抱いて、泣き叫んでいた母」
佐々木高喜 軍曹(享年二四)
「これからの世は、生きて居ても、さほど幸福でもありますまい」
阿子島基 一等兵(享年二二)
「息子の帰りを、一日千秋の思いで待って居りました」
金岩外吉 上等兵(享年二一)
「母として、確報を受けないうちは、若しやと思い」
多原春雄 伍長(享年二五、推定)
「白木の箱を開けると、石ころが一個。それだけだったのよ」
木川英明 上等兵(生年月日は不明)
エピローグ――奇跡の帰還

書誌情報

読み仮名 ズットズットカエリヲマッテイマシタオキナワセンシキカントイゾクノオウフクショカン
装幀 petesphotography/カバー写真、iStock/カバー写真、Getty Images/カバー写真、浜田哲二/表紙写真、新潮社装幀室/装幀
発行形態 書籍、電子書籍
判型 四六判変型
頁数 272ページ
ISBN 978-4-10-355551-3
C-CODE 0036
ジャンル ノンフィクション
定価 1,760円
電子書籍 価格 1,760円
電子書籍 配信開始日 2024/02/15

著者プロフィール

浜田哲二

ハマダ・テツジ

1962年、高知県出身。元朝日新聞社カメラマン。2010年に会社を早期退職後、青森県の世界自然遺産・白神山地の麓にある深浦町へ移住し、フリーランスで活動中。沖縄県で20年以上、戦没者の遺骨収集と遺留品や遺族の手紙返還を続けている。公益社団法人日本写真家協会(JPS)会員。

浜田律子

ハマダ・リツコ

1964年、岡山県出身。元読売新聞大阪本社記者。1993年、結婚を機に退職後、主婦業と並行してフリーランスで環境雑誌などに原稿を執筆。夫・哲二と共に沖縄県で遺骨収集と遺留品や遺族の手紙返還を続けている。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

浜田哲二
登録
浜田律子
登録

書籍の分類