ホーム > 著者一覧 > 著者ページ:佐藤優

佐藤優

サトウ・マサル

著者プロフィール

1960年東京都生まれ。作家。元外務省主任分析官。1985年外務省に入省、ロシアとの外交問題に奔走するも、2002年に背任容疑などで逮捕。512日間勾留された後、保釈。その経験をものした『国家の罠』がベストセラーに。著書に『自壊する帝国』『獄中記』『君たちが忘れてはいけないこと』『ゼロからわかるキリスト教』『いま生きる「資本論」』『十五の夏 上・下』『高畠素之の亡霊』『サバイバル組織術』など。

新刊お知らせメール

お気に入りの著者の新刊情報を、いち早くお知らせします!

佐藤優
登録する

書籍一覧

佐藤優が紹介した本