ホーム > 書籍詳細:遺作 空2

遺作 空2

荒木経惟/著

36,300円(税込)

発売日:2009/12/21

書誌情報

読み仮名 イサクソラニ
発行形態 書籍
判型 B4判変型
頁数 200ページ
ISBN 978-4-10-380009-5
C-CODE 0072
定価 36,300円

死を予感した写真家の遺言。「あの空の向こうに楽園があるのかもしれない」。

まさかの癌宣告、そして手術からの生還を経て、アラーキーがついに「遺作」を出版! 自宅バルコニーで写した空の写真をカンヴァスに、ペインティングやコラージュなど多彩な手法を駆使、いずれ訪れる死の予感と新たなる“生欲”を描く。天才の写真人生を集大成する究極の豪華作品集!

関連コンテンツ

著者プロフィール

荒木経惟

アラキ・ノブヨシ

1940年東京都台東区三ノ輪に生まれる。1963年、千葉大学工学部写真印刷工学科卒業。同年、(株)電通に入社。1964年、「さっちん」で第1回太陽賞受賞。1971年、電通に勤めていた青木陽子と結婚、新婚旅行を撮影した『センチメンタルな旅』を限定1000部で自費出版。1972年よりフリーに。以来、妻・陽子との生活や東京の情景、過激なヌード作品などを次々に発表。写真界のみならず社会をも揺るがす「天才アラーキー」として広く認知されるようになった。欧米では「グラン・マエストロ」(大巨匠)と称され高い評価を受ける。2008年、オーストリア政府より科学・芸術勲章受章。また2002年より日本全国の人たちの肖像写真を撮影する「日本人ノ顔」プロジェクトを続けている。主な展覧会は「Tokyo Comedy」(セセッション、ウィーン/1997年)、「センチメンタルな写真、人生。」(東京都現代美術館/1999年)、「ARAKI:Self,Life,Death」(バービカン・アート・ギャラリー、ロンドン/2005年)、「東京人生 東京人生、写真人生、Aノ人生」(江戸東京博物館/2006年)ほか。主な著書に『さっちん』『センチメンタルな旅・冬の旅』『荒木経惟 トーキョー・アルキ』(すべて新潮社)、『愛しのチロ』(平凡社)、『空』『東京ゼンリツセンガン』(すべてワイズ出版)、『広島ノ顔』(荒木経惟「日本人ノ顔」プロジェクト)、“ARAKI”(Taschen)、“ARAKI:Self,Life,Death”(Phaidon)などがある。

公式ホームページ (外部リンク)

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

荒木経惟
登録

書籍の分類