ホーム > 書籍詳細:神器―軍艦「橿原」殺人事件―(下)

神器―軍艦「橿原」殺人事件―(下)

奥泉光/著

1,980円(税込)

発売日:2009/01/23

書誌情報

読み仮名 シンキグンカンカシハラサツジンジケン2
雑誌から生まれた本 新潮から生まれた本
発行形態 書籍
判型 四六判変型
頁数 414ページ
ISBN 978-4-10-391203-3
C-CODE 0093
ジャンル ミステリー・サスペンス・ハードボイルド、文学賞受賞作家
定価 1,980円

昭和20年、軍艦内で起きた変死事件の謎を解く鍵は、平成の日本に隠されていた!

探偵小説好きの青年が一兵卒として乗船した軍艦「橿原」には、「神器」がひそかに持ち込まれていた――。相次いで起こる変死事件、そして極秘の任務をめぐって錯乱する兵士たちの思いを運んで大海原を進む「橿原」の真の使命とは? 時空を超え、民族を超えたスケールの日本人論、戦争論が展開される、記念碑的純文学長編。

  • 受賞
    第62回 野間文芸賞
目次
71 深夜、航海長居室
72 出撃準備
73 MINTは英語で薄荷の意味である
74 恐ろしい顔の出現
75 これは小説ではない
76 池辺の花見(一)
77 操舵当直
78 海上特攻の発令および衛兵司令の初仕事
79 艦橋(ブリッジ)作戦室
80 測深儀室の出来事
81 池辺の花見(二)
82 密雲と白装束
83 遥拝
84 池辺の花見(三)
85 罪と犠牲、そして切腹
86 池辺の花見(四)
87 三種の神器
88 玉砕
89 幻の第一艦隊
90 衛兵司令の手際
91 測程儀室の対決
92 虚構の犯人
93 龍の腹の中で(一)
94 大黒尻大尉による猶太(ユダヤ)思想解説
95 真犯人の名は幽霊が告げる
96 自殺者と病者
97 防空見張所の集会
98 水葬、次いで真の目的地が明かされる
99 総員戦闘配置ニツケ!
100 前檣の鳥
101 訊問と射殺
102 戦争における唯一の規範
103 笑う鼠
104 龍の腹の中で(二)
105 夢魔のとき
106 「石目、お前は何者だ?」
107 龍の腹の中で(三)
108 夜の到来
109 艦底にある荒れ野
110 淫風と腐敗
111 特設軍法会議
112 拷問虐待の思想
113 龍の腹の中で(四)
114 時化
115 意外なる再会
116 浮上するムー大陸
117 副長室――橋川中佐が語る
118 寄生する秘密通路
119 大祭壇
120 砂漠の思想純化
121 祈祷会
122 海底へ
123 「緑死館」の地下隧道(トンネル)にて
124 龍の腹の中で――結審
125 タカマガハラ――幻影の艦隊
126 生き残る者たち

著者プロフィール

奥泉光

オクイズミ・ヒカル

1956年山形県生まれ。国際基督教大学教養学部卒、同大学院修士課程修了。作家、近畿大学教授。1993年『ノヴァーリスの引用』で野間文芸新人賞、瞠目反文学賞、1994年『石の来歴』で芥川賞、2009年『神器―軍艦「橿原」殺人事件―』で野間文芸賞、2014年『東京自叙伝』で谷崎潤一郎賞、2018年『雪の階』で毎日出版文化賞、柴田錬三郎賞を受賞。主な作品に、『葦と百合』『バナールな現象』『「吾輩は猫である」殺人事件』『シューマンの指』『桑潟幸一准教授のスタイリッシュな生活』『ビビビ・ビ・バップ』などがある。

バナール主義 (外部リンク)

関連書籍

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

奥泉光
登録
ミステリー・サスペンス・ハードボイルド
登録
文学賞受賞作家
登録

書籍の分類