ホーム > 書籍詳細:死神の棋譜

死神の棋譜

奥泉光/著

1,925円(税込)

発売日:2020/08/27

書誌情報

読み仮名  
雑誌から生まれた本 小説新潮から生まれた本
発行形態 書籍
判型 四六判変型
頁数 312ページ
ISBN 978-4-10-391204-0
C-CODE 0093
定価 1,925円

名人戦の日、鳩森神社で図式を拾った男が姿を消した。この不詰めの図式に魅入られた人間はみんな消えているらしい。幻の「棋道会」、美しい女流二段、地下神殿の対局、盤上の磐、そして死神の棋譜とは。謎を追って旅が始まる――。前代未聞の将棋ミステリ。

著者プロフィール

奥泉光

オクイズミ・ヒカル

1956(昭和31)年山形県生まれ。国際基督教大学教養学部卒業。同大学院修士課程修了。1993(平成5)年『ノヴァーリスの引用』で野間文芸新人賞、瞠目反文学賞、1994年、『石の来歴』で芥川賞、2009年『神器―軍艦「橿原」殺人事件―』で野間文芸賞を受賞。主な作品に、『葦と百合』『バナールな現象』『「吾輩は猫である」殺人事件』『浪漫的な行軍の記録』『モーダルな事象―桑潟幸一助教授のスタイリッシュな生活―』『シューマンの指』『桑潟幸一准教授のスタイリッシュな生活』などがある。

バナール主義 (外部リンク)

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

奥泉光
登録

書籍の分類