ホーム > 書籍詳細:玉電松原物語

玉電松原物語

坪内祐三/著

1,870円(税込)

発売日:2020/10/20

書誌情報

読み仮名 タマデンマツバラモノガタリ
装幀 いとう良一/装画、新潮社装幀室/装幀
雑誌から生まれた本 小説新潮から生まれた本
発行形態 書籍、電子書籍
判型 四六判
頁数 190ページ
ISBN 978-4-10-428105-3
C-CODE 0095
定価 1,870円
電子書籍 価格 1,870円
電子書籍 配信開始日 2020/10/20

急逝した評論家の「遺作」は、私小説のごとき昭和文化論だった。

幼少期を過ごしたかつての世田谷では、チンチン電車が走り、牧場には牛が群れ、神社は奉納相撲で盛り上がる。そして駅前の商店街には、様々な人びとがいた。自らを育んだ街と文化を卓越した記憶力で再構築し、令和が喪ったものを鮮やかに甦らせる。昭和カルチャーの申し子たる著者の、集大成とも言うべきラストメッセージ。

目次
第一章 四谷軒牧場とブースカ
第二章 スーパー「オオゼキ」がリニューアルオープンした
第三章 サヨウナラ「遠藤書店」
第四章 松原書房、「安さん」、そして切手ブーム
第五章 「ももや」のブルート、米屋のカルロス、そしてヒッピーそうちゃん
第六章 落合博満は赤堤小学校のPTA会長だった
第七章 「布川電気」で買ったレコード、そして赤堤の家の生き物たち
第八章 和泉多摩川、京王多摩川、そして二子玉川
第九章 世田谷八幡の秋祭りの奉納相撲で学生横綱だった農大の長濱を見た
第十章 「ハマユウ」と「整美楽」が謎だった
燃える牛と四十七の扉 吉田篤弘

関連コンテンツ

著者プロフィール

坪内祐三

ツボウチ・ユウゾウ

(1958-2020)1958(昭和33)年5月8日東京都渋谷区生まれ、3歳から世田谷区育ち。早稲田大学第一文学部人文専修卒、同大学院英文科修士課程修了。1987(昭和62)年から1990(平成2)年まで「東京人」編集部員。1997(平成9)年、『ストリートワイズ』(晶文社)でデビュー。2001(平成13)年9月、『慶応三年生まれ 七人の旋毛曲り』(マガジンハウス)で講談社エッセイ賞を受賞。2020(令和2)年1月13日、心不全のため急逝。主な著書に『靖国』『古くさいぞ私は』『変死するアメリカ作家たち』『探訪記者 松崎天民』『昼夜日記』など。「小説新潮」に連載中だった『玉電松原物語』が遺作となった。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

坪内祐三
登録

書籍の分類