ホーム > 書籍詳細:ファン・ゴッホの手紙 I・II

ファン・ゴッホの手紙 I・II

フィンセント・ファン・ゴッホ/著 、ファン・ゴッホ美術館/編 、圀府寺司/訳

19,800円(税込)

発売日:2020/10/20

書誌情報

読み仮名 ファンゴッホノテガミイチニ
装幀 Van Gogh Museum Amsterdm(Vincent van Gogh Foundation)/イラストレーション、新潮社装幀室/デザイン
発行形態 書籍
判型 A5判
頁数 1,117ページ
ISBN 978-4-10-507211-7
C-CODE 0071
定価 19,800円

フィンセント・ファン・ゴッホ
ファン・ゴッホ美術館編 圀府寺司[訳]

孤独、愛、悲しみ、希望……。没後130年、ファン・ゴッホの生涯の全てが詰まった魂の書簡集、新訳誕生! 現存する903通の手紙の中からファン・ゴッホ美術館の研究者が265通を精選し、手紙に描かれたスケッチも全点収録した全2巻函入りの豪華決定版。

目次
ファン・ゴッホの手紙 I
逆境と不屈の努力――ある芸術家の生涯
レオ・ヤンセン、ハンス・ライテン、ニンケ・バッカー
ファン・ゴッホ書簡集の歴史
編者まえがき
ハーグ
一八七二年九月二十九日〜一八七三年三月十七日
ロンドン
一八七三年六月十三日〜一八七五年五月八日
パリ
一八七五年七月六日〜一八七六年三月二十八日
ラムズゲイト ウェリン アイズルワース
一八七六年四月十七日〜十一月二十五日
ドルトレヒト
一八七七年二月七日〜三月二十三日
アムステルダム
一八七七年五月三十日〜一八七八年四月三日
ボリナージュ ブリュッセル
一八七八年十一月十三日頃〜一八八一年四月二日
エッテン
一八八一年八月五日〜十二月二十三日頃
ハーグ
一八八一年十二月二十九日〜一八八三年九月十日
ドレンテ
一八八三年九月十四日頃〜十二月一日
ファン・ゴッホの手紙 II
編者まえがき
ニューネン
一八八三年十二月七日頃〜一八八五年十一月十四日頃
アントウェルペン
一八八五年十一月二十八日〜一八八六年二月十一日頃
パリ
一八八六年二月二十八日頃〜一八八七年十月下旬
アルル
一八八八年二月二十一日〜一八八九年五月三日
サン=レミ=ド=プロヴァンス
一八八九年五月九日〜一八九〇年五月十三日
オーヴェール=シュル=オワーズ
一八九〇年五月二十日〜七月二十三日
訳者あとがき
人名索引
書簡中スケッチ図版

関連コンテンツ

パンフレット

著者プロフィール

圀府寺司

コウデラ・ツカサ

大阪大学大学院文学研究科・文学部教授。1957年大阪府生まれ。大阪大学文学部卒業。1981〜1988年、アムステルダム大学美術史研究所に留学、文学修士号、博士号を取得。オランダ、エラスムス財団より博士論文に対してエラスムス研究賞を受賞。広島大学総合科学部助教授を経て現職。2004〜2005年、ワルシャワ、ユダヤ歴史研究所・研究員。専門は西洋美術史。著書:Vincent van Gogh; Christianity versus Nature(John Benjamins 1990)『ファン・ゴッホ 自然と宗教の闘争』(小学館 2009)『「ゴッホの夢」美術館』(小学館 2013)『ユダヤ人と近代美術』(光文社新書 2016)『ファン・ゴッホ 日本の夢に懸けた画家』(角川ソフィア文庫 2019)など。編著書:『ファン・ゴッホ神話』(TV Asahi 1992,英語版 The Mythology of Vincent van Gogh (TV Asahi / John Benjamins 1993)編書:『ああ、誰がシャガールを理解したでしょうか?』(大阪大学出版会 2011)『ファン・ゴッホ 巡りゆく日本の夢』(青幻舎 2017 英語版:Van Gogh and Japan)など。共訳:『ファン・ゴッホの手紙』(みすず書房 2001)。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

フィンセント・ファン・ゴッホ
登録
ファン・ゴッホ美術館
登録
圀府寺司
登録

書籍の分類

  • 発行形態:書籍
  • 著者名:
  • 著者名:
  • 著者名:G