ホーム > 書籍詳細:キャスリーンとフランク―父と母の話―

キャスリーンとフランク―父と母の話―

クリストファー・イシャウッド/著 、横山貞子/訳

5,390円(税込)

発売日:2022/06/30

書誌情報

読み仮名 キャスリーントフランク
発行形態 書籍
判型 四六判変型
頁数 544ページ
ISBN 978-4-10-507281-0
C-CODE 0097
ジャンル エッセー・随筆、ノンフィクション
定価 5,390円

20世紀初頭の英国。夫婦と幼い息子二人の睦まじい暮らしは、父の戦死によって破られる。母の日記と父の手紙が甦らせる家族の肖像。

著者プロフィール

横山貞子

ヨコヤマ・サダコ

1931年群馬県生まれ。慶應義塾大学大学院修士課程修了(英文学)。著書に『日用品としての芸術』、訳書にディネセン『アフリカの日々』『復讐には天使の優しさを』『ピサヘの道』『夢みる人びと』、『フラナリー・オコナー全短篇』上下、『存在することの習慣――フラナリー・オコナー書簡集』ほか。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

クリストファー・イシャウッド
登録
横山貞子
登録
エッセー・随筆
登録

書籍の分類