ホーム > 書籍詳細:ガルシア=マルケス「東欧」を行く

黙して語らぬ民衆の本音を知りたければ、酒場のトイレで落書きを見ることだ。

ガルシア=マルケス「東欧」を行く

ガブリエル・ガルシア=マルケス/著 、木村榮一/訳

2,376円(税込)

本の仕様

発売日:2018/10/31

読み仮名 ガルシアマルケストウオウヲイク
装幀 Silvia Bachli(99.16 : without title, 1999, “LIDSCHLAG How It Looks", Lars Muller Publishers, 2004 through WATARI-UM)/ドローイング、新潮社装幀室/デザイン
発行形態 書籍
判型 四六判変型
頁数 202ページ
ISBN 978-4-10-509020-3
C-CODE 0097
ジャンル 文芸作品、文芸作品
定価 2,376円

一九五七年、三十歳のガルシア=マルケスが「壁」以前の東西ベルリン、旧富裕層が生き腐れるライプツィヒ、対照際立つプラハとワルシャワ、冷徹残忍のアウシュビッツ、世界最大の村モスクワ、ソ連軍事介入の傷跡深いブダペストと、記者魂で駆け巡った九十日を作家魂で物語る。現在(いま)を考える暗示(ヒント)に満ちた十一のルポルタージュ。

著者プロフィール

ガブリエル・ガルシア=マルケス Marquez,Gabriel Garcia

(1927-2014)1927年コロンビアの小さな町アラカタカに生まれる。ボゴタ大学法学部中退。自由派の新聞「エル・エスペクタドル」の記者となり、1955年初めてヨーロッパを訪れ、ジュネーブ、ローマ、パリと各地を転々とする。1955年処女作『落葉』を出版。1959 年、カストロ政権の機関紙の編集に携わり健筆をふるう。1967年『百年の孤独』を発表、空前のベストセラーとなる。以後『族長の秋』(1975年)、『予告された殺人の記録』(1981年)、『コレラの時代の愛』(1985年)、『迷宮の将軍』(1989年)、『十二の遍歴の物語』(1992年)、『愛その他の悪霊について』(1994年)など次々と意欲作を刊行。1982年度ノーベル文学賞を受賞。

木村榮一 キムラ・エイイチ

1943年、大阪生まれ。スペイン文学・ラテンアメリカ文学翻訳者。神戸市外国語大学イスバニア語科卒、同大学教授、学長を経て、現在、神戸市外国語大学名誉教授。主な著書に、『ドン・キホーテの独り言』、『翻訳に遊ぶ』(岩波書店)、『ラテンアメリカ十大小説』(岩波新書)など。主な訳書にコルタサル『悪魔の涎・追い求める男』(岩波文庫)、バルガス=リョサ『緑の家』(岩波文庫)『若い小説家に宛てた手紙』(新潮社)、ガルシア=マルケス『わが悲しき娼婦たちの思い出』、『コレラの時代の愛』、『ぼくはスピーチをするために来たのではありません』(新潮社)、『グアバの香り――ガルシア=マルケスとの対話』(岩波書店)他、多数。

書評

スターリンの手

三輪太郎

 1957年夏の夜、ガルシア=マルケスは友人二人と中古のルノーを駆って、東ドイツ領内のアウトバーンをひた走った。フルシチョフのスターリン批判、ハンガリー動乱の翌年のこと。東側で何やら大きな変化が起きているらしい。でも、実態がわからない。ならば、見に行くしかない。
 東へむかう車線はからっぽなのに、西へむかう車線はソビエトの軍用車両が絶え間ない。夜が明けて国営レストランの扉を押すと、「ぼろぼろの服を着た百人ほどの男女が何とも言えず悲しそうな顔で、湯気の立ち込める食堂でひそひそしゃべりながら山のようにあるジャガイモや肉、目玉焼きを食べていた」。
 ベルリンは支離滅裂だった。西側はアメリカがドルを大量投下して瓦礫の街を資本主義の広告代理店に改装しつつあり、これがまたいいしれぬ空虚感を醸しだす。東側は砲弾の痕の生々しい街区があちらこちらに残り、ナポリの下町みたく人びとが洗濯物を窓から干すありさまなのに、スターリン大通りだけは別世界の威風堂々。どこへ行っても見かけるのは順番待ちの長い行列。店舗にならぶ商品は粗悪。しかし市民は地下鉄通路を利用して東西ベルリンを行き来して、したたかに「両陣営のいいとこどり」をしている。官憲も見て見ぬふり。
「五十年、もしくは百年も経てば二つの体制のどちらかが優位に立ち、二つのベルリンがひとつになって、そこは両体制から無償で提供される商品が山のように積み上げられた化け物じみた見本市と化すにちがいない」。
 ライプツィッヒの国営ナイトクラブでは、奇妙なものが見つかる。トイレのドアにタクシーのメーターが取り付けられていて、メーターには三十ペニッヒ(一ペニッヒは百分の一マルク)の表示がある。トイレは「用を足す以上の行為」をする場所と化していたのである。
 うちとけて人びとの話に耳を澄ませば、体制批判の声も飛び込んでくる。なのに選挙結果は、体制支持票が九割超。なぜか? 「反対票を投じれば午後三時に警察官がやってきて、市民の義務がどうのこうと説諭しはじめるに決まっている」から。だれしも願うのは、両体制のいずれが正しいのかという議論ではなく、給料があがることでもなく、ものを自由に発言できる社会、東西ドイツの統合、そして、外国軍隊の撤退だった。
 このあとソビエト旅行記がつづくが、マルケスには社会主義への甘い夢想などかけらもない。だからこそ逆に、体制に左右されることのないロシアの人びとの人懐こさやナイーヴさが生きいきと綴られる。ここがひとつの読みどころだろう。
 本書で忘れがたいのは、「世界でもっとも大きい村」モスクワの「赤の広場」の霊廟で、レーニンとスターリンの保存処理遺体を見るくだりである。レーニンの手は、生前に麻痺が進行していたことをすぐ見てとれた。スターリンの遺体は、「顔が引きつれているのは単に筋肉の収縮のためでなく、心の中の感情の表れのように思われる。(中略)何よりも強く印象に残ったのは、透明でほっそりした爪のついている、女性のそれを思わせる繊細な手だった」。ちなみにスターリンの遺体は、1961年に霊廟から撤去されている。
 私の趣味は手の観察だ。以前、カンボジアの元首相ポル・ポトと会って握手したことのある人物から、彼の掌が赤ちゃんのようにぷくぷくして繊細だった、と聞いて驚いた。毛沢東の掌もまた、そうであったらしい。ヒトラーの掌もまた、そうであったらしい。マルケスのおかげで、私の「手の大物リスト」にスターリンが加わることになった。
 ところで先月、岩波文庫から『三島由紀夫紀行文集』(佐藤秀明編)が刊行された。おかげで私は、奇しくもマルケスと三島の紀行文を比べ読みすることができた。一方は日々移ろう社会のありようと粘り強く柔軟につきあおうとする意志が息づき、他方は日々移ろう社会や人間よりもその背後へまわりこもうとする姿勢が鋭い。二人の資質の違いが手にとるようにわかる。
 マルケスは作家であると同時に新聞記者であり、ノンフィクションの傑作『ある遭難者の物語』(水声社)の著者であり、ジャーナリスト学校の創設者でもあった。本書は50年代東欧の史料であるだけでなく、文芸とジャーナリズム、文芸と社会とのかかわりについて根本的な思索へ誘い込む。
 訳者による丁寧な巻末解説が、読者にはうれしい。

(みわ・たろう 作家)
波 2018年11月号より
単行本刊行時掲載

目次

《鉄のカーテン》とは赤と白のペンキを塗った木の柵である

支離滅裂なベルリン

財産を没収された人たちが集まって、窮状を語り合う……

チェコの女性にとってナイロンの靴下は宝石である

プラハの人たちは資本主義国と同じ反応を示す

沸騰するポーランドを注視して

二千二百四十万平方キロメートルの領土に
  コカ・コーラの宣伝がひとつもないソ連

モスクワ、世界でもっとも大きい村

スターリンは赤の広場の霊廟で
  悔悟の念を抱くことなく眠りについている

ソビエト連邦人たちは格差にうんざりしはじめている

《私はハンガリーを訪れた》

 訳者解説

感想を送る

新刊お知らせメール

ガブリエル・ガルシア=マルケス
登録する
木村榮一
登録する
文芸作品
登録する
文芸作品
登録する

書籍の分類

この分類の本

ガルシア=マルケス「東欧」を行く

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※ 書店によっては、在庫の無い場合や取扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • e-hon
  • HonyaClub
  • TSUTAYA ONLINE
  • 紀伊國屋書店
  • エルパカBOOKS - HMV
  • honto