ホーム > 書籍詳細:フォンターネ 山小屋の生活

フォンターネ 山小屋の生活

パオロ・コニェッティ/著 、関口英子/訳

1,980円(税込)

発売日:2022/02/28

書誌情報

読み仮名 フォンターネ
シリーズ名 新潮クレスト・ブックス
発行形態 書籍
判型 四六判変型
頁数 176ページ
ISBN 978-4-10-590179-0
C-CODE 0398
ジャンル 文学・評論
定価 1,980円

世界的ベストセラー『帰れない山』の著者が、舞台となった山小屋での暮らしやモデルの人物との交流を描く。21世紀版『森の生活』。

著者プロフィール

1978年ミラノ生まれ。大学で数学を学ぶも中退、ミラノ市立映画学校で学び、映像制作の仕事に携わる。2004年、短篇集『成功する女子のためのマニュアル』で作家デビュー。2012年短篇集『ソフィアはいつも黒い服を着る』でイタリア文学界の最高峰「ストレーガ賞」の最終候補となる。初の本格的な長篇小説となる『帰れない山』で、「ストレーガ賞」と同賞ヤング部門をダブル受賞した。幼い頃から父親と登山に親しみ、2018年10月現在は1年の半分をアルプス山麓で、残りをミラノで過ごしながら執筆活動に専念する。

関口英子

セキグチ・エイコ

埼玉県生まれ。翻訳家。訳書にディーノ・ブッツァーティ『神を見た犬』、プリーモ・レーヴィ『天使の蝶』、イタロ・カルヴィーノ『マルコヴァルドさんの四季』、カルミネ・アバーテ『風の丘』『ふたつの海のあいだで』、パオロ・コニェッティ『帰れない山』、ドメニコ・スタルノーネ『靴ひも』など。『月を見つけたチャウラ ピランデッロ短篇集』で第一回須賀敦子翻訳賞受賞。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

パオロ・コニェッティ
登録
関口英子
登録

書籍の分類