ホーム > 書籍詳細:ミケランジェロの焔

ミケランジェロの焔

コスタンティーノ・ドラッツィオ/著 、上野真弓/訳

2,365円(税込)

発売日:2023/11/29

ルネサンス随一の芸術家にして嫌われもの。その栄光と哀しみの人生。

ダ・ヴィンチの才能を憎み、ラファエロの急成長を妬み、芸術を愛すると同時にあらゆる人々と衝突した男、ミケランジェロ。彼はいかにして構想を練ったのか? 日々の苦悩は? 家族やパトロン、友人、ライバルとのつながりは? イタリアの人気美術キュレーターが、その複雑なパーソナリティを、老芸術家の回顧録のごとく描いた伝記的小説。

書誌情報

読み仮名 ミケランジェロノホノオ
シリーズ名 新潮クレスト・ブックス
装幀 Sistine Chapel ceiling-Creation of Adam by Michelangelo Buonarroti/Cover image、新潮社装幀室/装幀
発行形態 書籍
判型 四六判変型
頁数 218ページ
ISBN 978-4-10-590191-2
C-CODE 0397
定価 2,365円

短評

▼Isshiki Sayuri 一色さゆり

美術史は、迷宮入りの連続である。いくら作品に心動かされても、当人ははるか昔に不在となり、創作の動機や過程を真に知りようがないからだ。しかし本書では、ミケランジェロの生涯を余さず追体験できる。作者の知識に裏打ちされた想像力と華麗な文体が、素っ気ない情報を穴埋めし、盛期ルネサンスのイタリアへと私たちをいざなう。そこでは大理石がノミ打たれる香りや音、当時の人間模様までもが鮮明だ。「焔」とは、彼の激情、自負心、苦しみ、石やパトロンとの壮絶な戦いの火花でもある一方で、芸術にすべてを捧げた生き様そのものに違いない。


▼Verona Sera ヴェローナ・セーラ

気難しく、怒りっぽく、手におえない男、同時に最も称賛された芸術家。生涯変わらぬ情熱に突き動かされた反逆の天才は、孤立し、たった一人で数々の傑作を生み出す。本書で著者ドラッツィオはミケランジェロに扮し、その感情の波や反逆精神、冒険に満ちた人生や凄まじい人間関係に光をあてながら、読者を芸術家の心と思考の中へ導いていく。


▼Reading at Tiffany's ティファニーで読書を

読者は生き生きとした語り口に魅了され、傑作の詳細な描写に夢中になるだろう。そして、それを確かめてみたくなる。激烈に燃える焔のような伝記はうまく構築されており、必読の一冊だ。

著者プロフィール

1974年生まれ。美術史家、作家。現代美術のインスタレーションも手がける展覧会キュレーター。イタリア国営放送でアート番組を受け持ち、新聞や雑誌への寄稿も多い。『カラヴァッジョの秘密』(2013)、『レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密』(2014)、『ラファエッロの秘密』(2015)などの画家の秘密シリーズがイタリアでベストセラーとなった。

上野真弓

ウエノ・マユミ

1959年生まれ。翻訳家、文筆家。ツーリズム別府大使。成城大学文芸学部芸術学科西洋美術史専攻卒業。1984年12月よりローマ在住。訳書にコスタンティーノ・ドラッツィオ『レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密』『カラヴァッジョの秘密』『ラファエッロの秘密』(いずれも河出書房新社)。出口治明氏との共著『教養としてのローマ史入門』(世界文化社)がある。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

コスタンティーノ・ドラッツィオ
登録
上野真弓
登録

書籍の分類