ホーム > 書籍詳細:慰安婦と戦場の性

慰安婦と戦場の性

秦郁彦/著

1,870円(税込)

発売日:1999/06/28

書誌情報

読み仮名 イアンフトセンジョウノセイ
シリーズ名 新潮選書
発行形態 書籍
判型 四六判変型
頁数 444ページ
ISBN 978-4-10-600565-7
C-CODE 0321
ジャンル 日本史
定価 1,870円

日本人にとって「性」とは何なのか? 慰安婦とは何だったのか? 戦時下では何が行われていたのか? 慰安婦問題はなぜ波及したのか? 第2次世界大戦下の多くの事例をもとに、公娼制度の起源から諸外国の慰安婦の実態や、マスコミ、政界、国連などでの慰安婦問題の論点と広がりを全て解説した決定版「慰安婦問題」全書!
国家基本問題研究所「第6回 国基研 日本研究賞 特別賞」受賞!

  • 受賞
    第6回 国基研 日本研究賞 日本研究特別賞

関連コンテンツ

著者プロフィール

秦郁彦

ハタ・イクヒコ

1932(昭和7)年、山口県生まれ。現代史家。東京大学法学部卒業。ハーバード大、コロンビア大留学。プリンストン大客員教授、拓殖大教授、千葉大教授、日大教授を歴任。法学博士。1993年度菊池寛賞受賞。『慰安婦と戦場の性』『靖国神社の祭神たち』など著作多数。2018年、『慰安婦と戦場の性』の英訳版が刊行された。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

秦郁彦
登録
日本史
登録

書籍の分類