ホーム > 書籍詳細:仏教入門 親鸞の「迷い」

仏教入門 親鸞の「迷い」

梅原猛/著 、釈徹宗/著

1,760円(税込)

発売日:2011/09/27

書誌情報

読み仮名 ブッキョウニュウモンシンランノマヨイ
シリーズ名 とんぼの本
発行形態 書籍
判型 B5判変型
頁数 126ページ
ISBN 978-4-10-602224-1
C-CODE 0315
ジャンル 宗教
定価 1,760円

「親鸞の思想、それは凄まじいまでの悪の自覚である」――梅原猛

「千人殺してみよ。そうすれば往生できる」――流罪、妻帯、肉食。師・法然の念仏の教えを守りつつ、親鸞が凝視しつづけた「悪」とは? 煩悩に苦しむ愚者として、「他力」の信仰と実践に生きた浄土真宗の祖の生涯と思想を、重文《親鸞聖人伝絵》他のヴィジュアルで読み解く。

著者プロフィール

梅原猛

ウメハラ・タケシ

(1925-2019)1925年宮城県生まれ、哲学者。国際日本文化研究センター顧問。京都大学文学部哲学科卒業。立命館大学教授、京都市立芸術大学学長、国際日本文化研究センター所長などを歴任。縄文時代から近代までを視野におさめ、文学・歴史・宗教等を包括して日本文化の深層を解明する幾多の論考は〈梅原日本学〉と呼ばれる。著書に『隠された十字架一法隆寺論』、『葬られた王朝一古代出雲の謎を解く』、『親鸞「四つの謎」を解く』(以上すべて新潮社)など多数。

釈徹宗

シャク・テッシュウ

1961(昭和36)年大阪府生まれ。僧侶。宗教学。相愛大学副学長・人文学部教授。論文「不干斎ハビアン論」で涙骨賞優秀賞(第五回)、『落語に花咲く仏教』で河合隼雄学芸賞(第五回)、また仏教伝道文化賞・沼田奨励賞(第五十一回)を受賞している。著書に『法然親鸞一遍』など。

関連書籍

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

梅原猛
登録
釈徹宗
登録
宗教
登録

書籍の分類