ホーム > 書籍詳細:万葉集であるく奈良

万葉集であるく奈良

上野誠/著 、蜂飼耳/著 、馬場基/著

1,760円(税込)

本の仕様

発売日:2019/10/30

読み仮名  
シリーズ名 とんぼの本
雑誌から生まれた本 芸術新潮から生まれた本
発行形態 書籍
判型 B5判変型
頁数 128ページ
ISBN 978-4-10-602290-6
C-CODE 0326
定価 1,760円

「日本の歌」は大和の大地がはぐくんだ――。『万葉集』約四千五百首のうち、奈良を詠んだ歌は約九百首。古代ロマン溢れる飛鳥、たった十六年の都・藤原、虚空の宮跡を抱える平城(なら)。三つの古都を軸に、万葉びとが情感豊かに詠った日本のふるさとへ旅をしよう。

著者プロフィール

上野誠 ウエノ・マコト

1960年福岡県生まれ、奈良大学文学部教授。国学院大学大学院博士課程単位取得満期退学。万葉文化論を標榜し、歴史学・民俗学・考古学など周辺領域の研究を応用した『万葉集』の新しい読み方を提案している。著書に『古代日本の文芸空間―万葉挽歌と葬送儀礼』(雄山閣出版)、『大和三山の古代』(講談社)、『万葉集から古代を読みとく』(筑摩書房)など多数。

蜂飼耳 ハチカイ・ミミ

詩人・小説家。

感想を送る

新刊お知らせメール

上野誠
登録する
蜂飼耳
登録する
馬場基
登録する

書籍の分類