ホーム > 書籍詳細:またいつか歩きたい町―私の町並み紀行―

またいつか歩きたい町―私の町並み紀行―

森まゆみ/著

2,200円(税込)

発売日:2020/10/29

書誌情報

読み仮名 マタイツカアルキタイマチワタシノマチナミキコウ
シリーズ名 とんぼの本
装幀 森まゆみ/イラスト、中村静香/ブックデザイン、nakaban/シンボルマーク
発行形態 書籍
判型 B5判変型
頁数 127ページ
ISBN 978-4-10-602296-8
C-CODE 0326
定価 2,200円

町歩き達人の太鼓判。懐かしくてあったかい12の町へ。

いい人、いい宿、いい町並み。「生きている町」には、昔からの住民も移住組も旅人も、みんなが気持ちよく居られる場所がある。秋田・増田町、富山・城端、島根・大森町、愛媛・内子町、大分・臼杵市……古い町を愛してやまない著者が、何度でも訪ねたいとびっきりの12の町を案内する。町歩きの旅から、また新しい出会いが広がる!

著者プロフィール

森まゆみ

モリ・マユミ

作家。1954年東京生まれ。早稲田大学政経学部卒。1984年、地域雑誌「谷中・根津・千駄木」を創刊。1998年『鴎外の坂』で芸術選奨文部大臣新人賞、2003年『「即興詩人」のイタリア』でJTB紀行文学大賞、2014年『『青鞜』の冒険』で紫式部文学賞を受賞。他に『お隣りのイスラーム』『暗い時代の人々』『「五足の靴」をゆく』『子規の音』など著書多数。2020年10月現在、「谷根千〈記憶の蔵〉」を主宰、公益財団法人日本ナショナルトラスト理事。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

森まゆみ
登録

書籍の分類